Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

May 11, 2005

ほのぼの

こちらのニュース、笑いました。
珍走団は大嫌いだけれど、年取ってまた走りたくなる気持ちはわかります。
「いい年をして恥ずかしいことをしてしまった」…と言うコメントには、
ちょっと笑いました。

05:08 PM | Comments (0) | TrackBack

April 15, 2005

学校法人茶屋四郎次郎記念学園

いや、不思議な名称の学校法人があるものです。

茶屋四郎次郎って、江戸時代の豪商ですよね。
2代目清延が家康に従って多くの戦闘に参加し信任が厚く、本能寺の変を家康に伝えました。
4代目清次は朱印船貿易に従事するとともに、糸割符制度の創設など幕府の経済ブレインとして活躍しました。
で、明治維新まで代々茶屋四郎次郎を名乗っていたそうです。

こちらのサイトによれば、東京福祉大学創立者でもある中島恒雄氏はこの茶屋四郎次郎清延の第17代目の直孫…なんだそうです。
それで「学校法人茶屋四郎次郎記念学園」なんですか、ふーん…

03:59 PM | Comments (0) | TrackBack

April 13, 2005

お尻に刺さったもの

おなじみ医学都市伝説の最新エントリーです。
この画像には参った…

04:29 PM | Comments (0) | TrackBack

April 07, 2005

ふいんき

「雰囲気」を「ふいんき」と読む人が存在するとは知りませんでした。
しかも、非常に多いそうです。
こちらのデータによれば、10代、20代では36%って何ですか。もっと驚くのは、50代、60代でも9.5%が「ふいんき」って、それはないでしょう…あんまりです。
コメントにあるように、「…『ふいんき』と言う人には、漢字で『雰囲気』と書けない人の確率が高い」かもしれませんね。

04:59 PM | Comments (0) | TrackBack

April 01, 2005

仕事を安く競り落とすドイツの就職斡旋サイト

こちらの記事にあるドイツの就職斡旋サイト、確かにいろいろと考えさせられます。
「…このサイトが、資本主義社会の露骨な搾取にあたるのか、あるいは自由市場が機能した結果にほかならないのかをめぐっては、意見が分かれている」…そうです。

マルクスは次のように説きました…

資本家は労働者の労働力を購売し、この賃金とひきかえに、かれはこの労働者の全生産を、つまり、この生産物の価値の中に含まれている新たに生産された価値を自己のものにするのである。したがって、われわれは、この点から剰余価値とは、労働者によって生み出された価値とこの労働者自身の労働力の価値とのあいだの差額である、ということができる。労働力の価値とは何か? 資本主義社会では、労働力はひとつの商品である。他のすべての商品の価値と同様に、その価値はそれを生産・再生産するために必要な社会的労働の量である。つまり、それは、広義の意味での、労働者の生計費である。最低限の生活賃金もしくは平均賃金の概念は、生理的な意味での固定したものではなく、労働生産性の上昇にともなって変化する欲望をも考慮したものである。これらの欲望は技術の進歩にともなって上昇する傾向をもつ。

…で、マルクスの言うように「資本主義社会では、労働力はひとつの商品である」とすれば、このサイトで行われていることは、まさに資本主義そのものを具現しています。

02:52 PM | Comments (0) | TrackBack

お化け探知機

ゴーストバスターズ御用達の探知機はこちら

02:42 PM | Comments (0) | TrackBack

March 17, 2005

ワンクリ詐欺サイト一覧・対策ページ

アダルトサイトですが…
このページには有用な情報が掲載されています。

10:23 AM | Comments (0) | TrackBack

March 16, 2005

更新頻度

ある方から、「最近このBlogの更新頻度が低い」という指摘を頂きました。
その方曰く「飽きたのではないか」と…

違います。
Blogの更新に飽きたわけではありません。

本当に、本当に仕事が忙しいのです。
しかも受注した開発プロジェクトが、危機的な状況にあります。
体調もイマイチです。
でも、いま少しで、本来のペースに戻ると思います。

07:27 PM | Comments (0) | TrackBack

March 02, 2005

クレーン車をクレーン車で吊る…

この連続写真…面白い!

07:20 PM | Comments (2) | TrackBack

February 22, 2005

イラクがどこにあるか知らない大学生が44%

こんな記事にコメントをつけたくはなかったのですが…

この事実をもって、ゆとり教育を批判したり、高校教育の現状や大学入試制度の現状を批判したりするのは容易です。
しかし原因はそんなところにあるのではないでしょう。

大学生の4割以上が、世界の文明の故郷、チグリス、ユーフラテス川が流れている国の位置を知らない…ということは、現代の日本という国に住む人の多くが、本質的に「自らが住む世界の成り立ち」に興味を持っていない…ということです。

「生きること」の意味は、飯食って、寝て、セックスするだけじゃない。
こんなバカばかりの国は、滅んでしまえ!

07:09 PM | Comments (0) | TrackBack

津波の奇跡

こここで紹介されているチェーンメールの内容
確かに、ブッシュ政権誕生の原動力となった、アメリカの保守派キリスト教信者、キリスト教原理主義者にとって、非常に心地よい内容なのでしょう。
ホント、クソ野郎達です。

「全体にあまりにもセコいキリスト教中心の価値観に鼻白む内容である」…とコメントする医学都市伝説管理人さんの感覚に、全面的に共感します。

06:14 PM | Comments (0) | TrackBack

February 15, 2005

目に見えない「ものすごい小さなUFO」

インドの研究施設で導入された化学分析用の高精度イメージングカメラが、「肉眼では決して見えない極小サイズのUFO」の姿を写し出し、その映像が公開され話題となっている…というこちらの記事
陳腐な話が多いUFO系の話題にしては、かなり斬新です(笑)

いや、「身の回りのあらゆる場所にUFOが存在している可能性がある」…というのは、けっこう怖い話かもしれません。
肺に吸い込んでたりしたらイヤだなぁ。

03:37 PM | Comments (0) | TrackBack

February 14, 2005

愛と犠牲

…歪曲された西洋文化…商業的に利用=一方で、「愛と犠牲」というバレンタインデー本来の趣旨を離れ、商業的な「国籍不明」の西洋文化に市民が幻惑されているという指摘も少なくない…というこちらの記事

バレンタインデーって「愛と犠牲」が趣旨でしたっけ…?
「犠牲」って何?

05:08 PM | Comments (1) | TrackBack

February 11, 2005

リアルタイム財政赤字カウンタ

このカウンタ、日本経済が破綻するまで動きつづけるそうです。

03:03 PM | Comments (0) | TrackBack

February 04, 2005

Z会のCM

Z会のTVCM、一輪車で小学生が走っていくヤツです。
あれって関西と関東で内容が違うんですね。
関東じゃ「東大、京大、早稲田、慶応」って唄ってますよね。
関西では「東大、京大、阪大、神大」なんだそうです。

01:25 PM | Comments (0) | TrackBack

January 24, 2005

柏ナンバー

「柏ナンバー」新設求め、20万人署名活動始まる…というニュース
クルマのナンバープレートなんて、どうでもいいじゃん。
野田でも柏でも同じ。
何故こんなくだらないことで「20万人署名活動」なんて大げさなことやるんだろう。
アホらし…

07:49 PM | Comments (7) | TrackBack

January 12, 2005

建設省vs朝日新聞

古い古いネタですけど、このやり取りは、面白過ぎる…
後半になると、特に面白くなりますね。

04:29 PM | Comments (0) | TrackBack

December 22, 2004

銅像

別に有森裕子さんに、含むところがあるわけじゃないのですが…
自分の銅像を建てられて「うれしい」と思う人の気持ち、全くわかりません。
金日成やレーニン、フセインじゃあるまいし、銅像なんて気色悪いだけです。
世の中に、「自分の銅像を建てて欲しい」と思う人がいること自体、信じられません。

06:16 PM | Comments (0) | TrackBack

December 20, 2004

今時の男子は「幼児的、バカ、無責任」

女子学生だって同じだろ…とこちらの記事には反発する男性も多いかもしれません。
でも、最近大学生の前で話す機会が増えた私も、「相対的」には女子学生より男子学生の方に「幼稚さ」を感じます。
それに、男子学生諸君にとっては「女子学生も同じかどうか」が問題なのではなく、「女子学生にどう見られているか」が問題のはずです。

06:21 PM | Comments (0) | TrackBack

December 15, 2004

ネーム印一体型のUSBメモリ

これ、イイ!
USBメモリには、「アーミーナイフ一体型」や「ボールペン一体型」、「腕時計一体型」などいろいろあったけど、これがイチバンいい。
私は昔、シャチハタ「ネームペン」を買おうとして、値段が高いので断念した苦い思い出(笑)があります。

04:59 PM | Comments (0) | TrackBack

December 10, 2004

首都高、バイク2人乗り認めず

こちらのニュースです。
2人乗りが規制されるのは都心環状線と八重洲、深川、台場の各全線と、羽田、上野、目黒、渋谷、新宿、池袋、向島、小松川各線の一部…とのことですが、これは不便。
まあ、首都高は暴走や危険な走行する人間が多いってことでしょうが、それは四輪車も同じ。
バイクという乗り物とライダーに対する偏見は根強いですね。
規制撤廃へ向けて、機会を見て声を上げていくつもりです。

06:08 PM | Comments (1) | TrackBack

November 29, 2004

自営業44%「貧困層暮らし」

米国、フランス、日本など先進国の自営業主は少なくとも5年間の準備期間を持って創業をする。また自分が長い間携わった業務と連関のある「キャリア(Career)創業」が大部分だ。韓国のように前職会社員や銀行員が急に飲食店、花の店、モーテルを創業する事例はめったにない…という記事
韓国の「独立事情」がよくわかって、面白い記事でした。

でも、日本について書いてある部分は、「そうかなぁ…」とも思います。
「キャリア(Career)創業」が多いのは確かですが、最近ではいきなりフランチャイズ経営などに乗り出して失敗する人も増えてますよね。
私が見るところ、業種の違いや準備期間の長短を問わず、独立して成功する人はここ数年では10〜20%ぐらいだと思います。

07:24 PM | Comments (0) | TrackBack

November 24, 2004

真実の自分と向き合う

筋肉率、内臓脂肪レベル、BMI(身長と体重の数値から導き出す肥満の指標)、基礎代謝量、体年齢などを測定・分析でき、肉体内部はそれこそ丸裸にされる…という、オムロン「体重体組成計」の紹介記事
体重体組成計の機能云々よりも、「真実の自分と向き合う」というタイトルが気に入りました。

ところでこの記事の中に、村上龍「13歳のハローワーク」でフリーライターという職業が「フリーターに似ている」と紹介されている…とあります。
うーん、確かにそうかも。
でも、村上龍という人間が持つ「自分は小説家であって、ライターじゃない」という自意識も感じられますね。
私が思うに、小説家なんて職業もフリーターと同じようなもんでしょ。

で、このオムロン「体重体組成計」、買ってみようと思ってます。「真実の自分」を知るために…

06:24 PM | Comments (0) | TrackBack

November 22, 2004

参った…

1日でコメントスパムが2000通も来ました。
急いで対策を考えなくては…

06:30 PM | Comments (3) | TrackBack

November 18, 2004

短波「乱数放送局」の謎

「一聴したところ無意味に思える数列や文字列を、大量の耳障りな電子ノイズとともに放送」している短波放送…って、確かにいっぱいあります。私は、よく海外の短波放送を聴いていた中学生の頃から、とても気になってました。

こちらの記事によると、実際に諜報機関が使っていたことが明るみに出たことがあるんですね。

それにしても、この記事中にある「ガーディアン紙の求人広告」、愉快だなぁ…

06:05 PM | Comments (0) | TrackBack

October 21, 2004

2人乗り禁止の標識

私は、この標識に記憶があります。この標識があった頃、既にバイクに乗っていました。
ところで、2人乗りでツーリング中に、いきなり「この標識」が現れたら、面倒なことになります。
迂回路がわかるような道路案内表示を、必ず併設するようにして下さい。

05:47 PM | Comments (0) | TrackBack

October 19, 2004

TOKAGE(トカゲ)

現在来襲中の台風23号は「アジア名:TOKAGE(トカゲ)」だそうです。知ってました?
「台風のアジア名」についてはこちらこちらを参照してください。

06:48 PM | Comments (0) | TrackBack

October 18, 2004

区役所の「呼称」を募集

京都市は、「市民に親しみやすく新しい区役所・支所にふさわしい呼称」を募集しています
…っていうか、「市民の目線で良質なサービスを提供する区役所づくり」のために、なぜ区役所の呼称を変えなきゃならんのか、さっぱり理解できません。ホント、役人は思いつきでバカなことやります。
こんなことに、人手や予算を無駄遣いする必要があるんだろうか?
呼称なんてどうでもいいから、まずは中身を変えなさい!

07:28 PM | Comments (0) | TrackBack

October 15, 2004

集団買春で日本人20人摘発

またか……、
こちらの記事です。
今年5月下旬、日本人の団体旅行客約20人が上海市内のホテルで集団買春をしたとして摘発された。大半は釈放されたが、買春の取りまとめをしたとみられる2人は起訴され、近く公判が開かれる見通し…とのこと。
売春の是非の議論以前に、「集団」でこの手の行動をする人間に対しては生理的な嫌悪感を感じます。
この手の「羞恥心のないヤツら」は、厳正に裁いてやってください。

06:54 PM | Comments (0) | TrackBack

October 13, 2004

意外と頭がいい叶姉妹

仮眠中とは言え、このコメント、やはり秀逸です。

06:30 PM | Comments (0) | TrackBack

October 12, 2004

内臓が生みだす心

そうか、私は「腸」でモノを考えていたのか…
それにしてもこの本、「トンデモ本」と紙一重ですが、面白いことは面白い。
ラマルクの「用不用論」が生き返りますな。

02:39 PM | Comments (0) | TrackBack

October 10, 2004

ひとつの「知」の終焉

遅ればせながら、ジャック・デリダの死を悼みます。

11:31 PM | Comments (0) | TrackBack

September 29, 2004

「弟」

テレ朝「弟」VIP放送! 5夜連続2時間…というニュース
「弟」という原作も、石原軍団も、みんな気色悪い。
こんなドラマ、本当にたくさんの人が喜んで見るのだろうか…

06:56 PM | Comments (0) | TrackBack

September 25, 2004

備長炭って?

この記事を読んで「中国産の備長炭」という言葉に違和感を覚えました。
「備長炭」というのは紀州産のものだけを言うのだと思っていたのです。
ところがこちらを読むと、「製法」を示す言葉であり、「中国産の備長炭」もアリなんですね。

ところで、昔オートキャンプをやっていたころ、キャンプ用品店などで安売りされていた箱入りの炭は「ビンチョー」と言うブランド名で原産地はマレーシア、原材料はマングローブと記載されていました。
なんでも、タイやインドネシアでは炭にするためのマングローブの伐採が続き、マングロ−ブ林の減少による自然破壊が問題になっているそうです。

12:51 PM | Comments (0) | TrackBack

September 22, 2004

アルマジロの生息域

バンコク週報で、「バン週馬鹿ネタ解説」というBlogがスタートしました。
で、「アルマジロ、タクシーの中で脱走」…という記事ですが、アルマジロってアジアに棲んでましたっけ。
アルマジロの仲間は、アメリカ大陸、主に南米が生息域だと思ってました。

07:10 PM | Comments (2) | TrackBack

September 21, 2004

家2軒分の金

このゴシップ記事自体はどうってことのない内容ですが、目に留まったのは「音楽家にするため、家2軒分の金をつぎ込んだ」という部分。
私の知人には音大卒がたくさんいるのですが、音大生には確かに小さい頃から個人レッスンや楽器購入などで莫大なお金を使ってきた人が多い。「家2軒分」なんて普通のようです。
でも、先日現役の某有名私立音大生に聞いたところ、音大の就職率は30〜40%程度。プロの音楽家として食べてていける人なんてごくわずか。最近では音楽教室関係の仕事も減り、自宅で細々とピアノを教えるぐらいしか仕事がない卒業生も多いとか。
どうやら音大は教育投資額に見合わない大学の典型のようですが、まあ「就職なんてどうでもいい」というお金持ちの家庭の方が多いんでしょうね。

06:36 PM | Comments (0) | TrackBack

September 17, 2004

ネバーギブアップの心?

涙で訴え」って、この調教師、頭おかしいんじゃないか?
「…ファンが応援していたのは、負けても負けても走り続けるウララのネバーギブアップの心」…って、馬が自分の意思でレースに出てるわじゃない。
あんたたちが、負けても負けても走らせてたんでしょ。

10:19 AM | Comments (0) | TrackBack

September 15, 2004

ハーレーダビッドソン、2005年モデルを発表

こちらの記事の中に「座席位置を下げて安定性を高めた」…とありますが、私の知り得る限りでは、座席位置の高さとバイクの操縦安定性の関係は微妙です。
特にコーナリング時には、遠心力と直進力を拮抗させるため、重心位置の高低に加えて、重心を左右するライディングポジション、走行時のスピードやエンジン出力、フレーム剛性、車輪径も含めての高次元の力学的総合バランスが必要で、シート高を低くすれば絶対に安定性がよくなるとは限りません。

なんにしても、ハーレーは買う気がありませんけど…
高速2人乗りがやっと許されたので、ハーレーも日本市場にますます力を入れてきました。

06:18 PM | Comments (0) | TrackBack

September 14, 2004

計算尺の魅力

いや、計算尺マニアって多いようです。
私もその1人です。なんたって、あの「ヘンミ計算尺」をまだ持ってますから。
円形タイプなら、まだ東急ハンズに売ってますよ。

06:57 PM | Comments (0) | TrackBack

September 10, 2004

魚も「のどの渇き」感じる 

いや、ニュース自体とその結果については、「ふーん、そうか」って感じ。
でも不思議なのは、なぜこんな妙な実験をやろうと思ったのか…ってことです。
「魚ものどが渇くんだろうか」なんて疑問は、普通は思いつきませんよね。

07:48 PM | Comments (0) | TrackBack

チェ・ミンソの『亡国のイージス』出演に批判集中

「日本の極右映画出演」という報道のために世論の批判を浴びている…そうです。

06:36 PM | Comments (0) | TrackBack

September 08, 2004

もう1つの土日スト

プロ野球選手会による土日ストが決行されるかどうか大きな話題になっていますが、
ハロー!プロジェクト、土日スト突入へ」…にも注目しましょう(笑

06:46 PM | Comments (0) | TrackBack

September 07, 2004

シルクロード・モデルコンテスト

「シルクロード」の範囲はどこなんだろう?
日本は入っているのか?
中国の代表が優勝したとのことです。
水着写真を載せてください。

06:20 PM | Comments (0) | TrackBack

September 06, 2004

大統領選の「票の交換」サイト

選挙に行くたび、「自分の1票を最も有効に活かすためには誰に投票したらよいか」で悩みます。
こちらで紹介されている「票交換」サイトは、非常に有効だと思います。

07:13 PM | Comments (0) | TrackBack

September 02, 2004

セックスは運動より効果的なダイエット

まあ、昔から言われている話ですが、「釜山情報大学スポーツ科学部の教授で、肥満管理専門家の金鍾仁氏」なんて人が語ると、リアリティあります。
私も最近贅肉がついてきたから、もっとセックスすればいいと思うんだけど、体力が…

03:15 PM | Comments (0) | TrackBack

September 01, 2004

「人の心はお金で買える」

ライブドア・堀江社長の言葉です。
「女はお金についてくる」…そうですが、特にコメントはありません。
反感を買って、逆宣伝する」…のが意図だって可能性は確かにありますね。

まあ、やってる事業には何のオリジナリティもない会社です。

07:12 PM | Comments (0) | TrackBack

August 31, 2004

14年前に他界のおじいちゃんが描いたエッチな絵

こちらの記事です。
いやぁ、これがもし本当の話だったら、心温まるなんともいい話だなぁ…。絵もすごく上手いし。
絵はこちらです。

07:18 PM | Comments (0) | TrackBack

August 27, 2004

英美術館の掃除夫、作品の一部だったごみ袋を投げ捨てる

笑いました。私でもきっと同じことをしたでしょう。現代美術なんて、ゴミと変わらないものがたくさんありますから。
ニューヨークのホイットニー美術館などへ行くと、まさに「ゴミの山」ですね。

03:14 PM | Comments (0) | TrackBack

August 19, 2004

デジタルコリアン

この記事自体は特に何ということもないのですが、「…遺体を1ミリ間隔でCT(コンピューター断層)撮影した映像…」という部分を読んだら、全米屈指の「シカゴ科学産業博物館」の展示物である「Human Body Slices」(本物の人体を1僂慮さにスライスしてアルコール漬けにしたもの)を思い出しちゃいました。
なんたって、こちらの方は「デジタル」ではなく、実物の遺体をスライスしてます。私は訳あって2度見ましたが、別に「気持ちが悪い」というものではありませんでした。

…ところで、このBlogも休暇のため約1週間更新をお休みします。

07:15 PM | Comments (0) | TrackBack

中国正史倭人・倭国伝全釈

中央公論新社の「中国正史倭人・倭国伝全釈」。
「倭」は日本を指す言葉ではなく、かつて長江流域に住み、広く東南アジアに移住した「倭族」を指す言葉。稲作と高床式住居を特徴とする民族集団…だそうです。

06:00 PM | Comments (0) | TrackBack

August 18, 2004

日韓トンネル 韓国「妥当性なし」

九州北部と韓国南部を結ぶ日韓海底トンネル構想について、韓国の建設交通省側が約百兆ウオン(約十兆円)ともされる建設費用の財源不足などを理由に「建設の妥当性はない」とする報告書をまとめていたことが十七日、明らかになった…というニュース

日本の土木研究者らでつくる法人格をもつ民間非営利団体(NPO)「日韓トンネル研究会」…なんてものがあるとは知りませんでした。まあ、どうせ「大規模公共工事で税金をばら撒いて欲しい人達」の団体でしょうけど…

むろん、こんな馬鹿げた無駄な工事は不要です。それに、宗教団体の「統一教会」が建設推進を掲げてきた経緯…ってのも気に入らない。
でも、そういう真っ当な視点とは別に、「日韓トンネルが欲しい」と言う気持ちもあります。だって、家の前で愛車スーパーカブに乗ったら、そのままヨーロッパやアフリカまで乗っていけるわけですよね。それは、ツーリングをとくやってた頃の夢でした。やはり、途中で船や飛行機に乗るのは味気ない。家の前からパリまでカブでちょいとツーリング…ああ、カッコいいなぁ…

05:08 PM | Comments (0) | TrackBack

August 13, 2004

砂風呂を楽しむ北朝鮮市民

砂風呂を楽しむ北朝鮮市民の写真です。
日本の砂風呂は「寝た」状態で埋まりますよね。
北朝鮮では「立った」状態で埋まるのでしょうか。
腰までしか入っていませんが、それでもけっこう深く掘る必要がありますね。

06:24 PM | Comments (0) | TrackBack

August 11, 2004

長嶋ジャパン

まあ、オリンピックなんてものにあまり興味はないですけど…
それにしても、連日のオリンピック報道の中で連呼される「長嶋ジャパン」というフレーズ、鬱陶しいことこの上ないなぁ。おまけに、何の関係もない息子の一成までがやたら登場するのも、また鬱陶しい。
確かに女子バレーでは「柳本ジャパン」、男子サッカーは「山本ジャパン」などと、監督名を冠して使われます。ただ、これらの競技でチーム名に監督の名が冠されるのは、監督のカリスマ性ゆえではなく、よく交代する監督の中で現在誰が指揮しているチームかということを明確にするため…という意味合いが強いかも。
ところが、「長嶋ジャパン」は違います。これじゃもう、何か「長嶋」が野球をやっているようです。これで日本野球チームが金メダルでも獲れば、あたかも「長嶋が獲った金メダル」おように報道されるでしょう。しかも、長嶋は病気療養中。いたるところで美談仕立ての話が語られるでしょう。
考えて見ると、野球をやるのは監督じゃなく選手です。選手の立場に立てば、長嶋が監督だから優勝できた…などというのは、甚だ不愉快でしょう。だから、「長嶋ジャパン」を連呼することは、選手に対しても失礼です。それに松阪、上原、高橋の世代の選手が、「長嶋」という名前にそれほどまでのカリスマ性を感じているのかどうか甚だ疑問。長嶋が不自由な右手で書いた「3」の数字が入った日の丸の旗を見て、口では「長嶋さんの魂が込められている」などとインタビューに答えながらも、実はどうでもいい…と感じているような気がします。現在のプロ野球界で食べていくためには、長嶋のことを「どうでもいい」と答えるえわけにはいかないでしょうから。
高度経済成長時代の長嶋の姿に夢を託した中高年のはかない思いと、それをめいっぱいビジネスに利用したい人々の思惑が生み出した虚像「長嶋茂雄」…。日本は、この過去の呪縛から解き放たれるべきです(アホなこと言ってます…笑)。
ともかく、連日の「長嶋ジャパン」の連呼。別に不愉快とまでは思いませんが、「バカみたい」と思ってます。

12:51 PM | Comments (0) | TrackBack

August 09, 2004

美術品返せ

「美術品返せ」、ギリシャが五輪で訴え…という記事は、実にタイミングのよい優れた記事です。
パルテノン神殿から運び出した大英博物館の「エルジン・マーブルズ」について、「…エルジン卿はオスマントルコの許可を得て英国に持ち帰った」などと主張しているのは笑止の限り。何がオスマン朝だ…
まあ、考えて見れば記事にあるとおり、「…起源国の主張通り美術品が返還されたら、ルーブル美術館、大英博物館、メトリポリタン博物館は空っぽ」…になります。でも、仕方ないでしょう。特にルーブルと大英博物館は、「略奪物の宝庫」ですから。どう考えても、サモトラケのニケやミロのビーナスがルーブルにあるのはおかしいし、ロゼッタストーンが大英博物館にあるのもおかしい。
今回のオリンピックでは、ぜひともギリシャは積極的に返還を主張すべきでしょう。

04:35 PM | Comments (0) | TrackBack

いまじん

週刊現代に連載されていたマンガ、風間やんわり「いまじん」が、今週号で突然最終回。
オヤジのキャラ好きだったのに、面白かったのに、これを読むのががイチバン楽しみだったのに…
もう現代買うのはやめよう。

なぜ誰も話題にしなかったのだろう。

03:58 PM | Comments (0) | TrackBack

August 04, 2004

中国フーリガン

韓国紙は、社説で「中国フーリガン」呼ばわり。

「…長い間、韓国と日本のサッカーに比べて劣勢にある中国サッカーファンのコンプレックスが、韓国と日本に対する揶揄と非難、さらに相手チームへの応援、激励につながったということだ。 アジア和合の場であるアジアカップサッカー大会が、中国観衆の心の狭さで汚されている…」

…という論調です。

05:06 PM | Comments (0) | TrackBack

August 02, 2004

少林寺伝来の医術

少林寺の歴代高僧により1500年かけて培われてきた「少林薬局」の医術・養生の秘法が、インターネット上で全世界に向けて公開された…というニュース
こちらを見てみましたが、薬は怪しげでパッケージなどちょっといいかも。でも「秘籍」「秘方」の方は…、残念ながら読めません。
それにしても、これも情報公開が進む中国を象徴している話なのでしょうか。

07:08 PM | Comments (0) | TrackBack

July 30, 2004

発光するガラス壁

この商品
太陽電池と水銀不使用のLEDを採用して「地球に優しい新しい照明」をアピールしている…ってバカじゃないか?
わざわざガラスを光らせることが、なぜ「環境に優しい」? 無理に照明なんかしないことこそが、環境に優しい…でしょ。
それにしても、多少燃費を改善したからといって、3000ccとかのSUVを売ってる車のメーカーが「環境に優しい」と言ってるのと同じ。
こういうバカバカしいメーカーの言い草を、止めさせられないものでしょうか。

01:18 PM | Comments (0) | TrackBack

July 26, 2004

朝食と学力

「朝食を食べることで授業中に脳が活性化する。ゆっくり朝食をとるには早寝早起きも必要になる」…っていう石川県教委の見解、実にバカバカしい。朝食摂取の有無と学力の間に相関関係なんてあるわけがないと思います。

この調査結果は、「遺伝の問題」と考えるべき。
すなわち、「朝食を食べさせる親=きちんと子供を育てる親」であり、子供に朝食を食べさせる親の方が、子供に朝食を食べさせない親よりも平均的に教養がある(もしくは知能指数が高い)。そこで、親の知能が遺伝する子供も平均的に知能が高い…ということだと思います。

07:12 PM | Comments (0) | TrackBack

マンバ

ヤマンバが、この冬あたりから復活を遂げている(最近は「マンバ」と呼ばれているらしい)…って話は知ってました。私も昨日、実際に補導を歩いているガングロメイクの女性を車の窓から見ました。
で、「Ego system」という渋谷系ファッション雑誌の最新号の表紙を見ると…いました、ビキニを着た銀色唇の不気味なマンバが…
この夏は、海でも見かけそうです。それにしても、絶滅してなかったどころか、再度増殖を始めるなんて凄い生命力です。
最近では「センターGUY」というガングロ男も増殖しているとのこと。しかもこの「センターGUY」、大阪の「西成」あたりにも出没しているらしいですよ。

04:35 PM | Comments (1) | TrackBack

July 22, 2004

鶏虐待

ピルグリムズ・プライド社、「鶏虐待」で従業員解雇…というニュース
動物愛護団体(PETA)によって「虐待ビデオ」がネットで公開されたらしい。詳しい話はこちらにあります。
ピルグリムズ・プライド社は鶏肉加工で米国では2位の大手です。

従業員達は生きている鶏に対し、くちばしから引き裂く、首をねじり切る、タバコを鶏の口や目に突っ込む、半分に引き裂く等の行為をしている…とのことですが、確かに残酷。でも、会社が定めている鶏を扱う上での人道的規則を破った…といっても、ここって養鶏場だし、要するに「鶏を殺す」のが仕事。何かピンとこないニュース。


05:07 PM | Comments (0) | TrackBack

July 21, 2004

100万人で打ち水

このイベント、去年もやってました。バカみたい。はっきり言って、「くだらない」ですね。
こちらのサイト読むと、「環境系文化人」あたりが多数賛同してるし、大手広告代理店なんかも絡んでますよね。「打ち水が日本の文化」だなんて、笑っちゃいます。こんなこと言ってるヤツの大半は、エアコンをガンガン利かせた部屋で仕事してるんでしょうね。
舗装道路なんか少なく、緑が多かった昭和初期までならともかく、道路という道路を全て舗装した現在、何が「打ち水」か…って思います。ヒートアイランド現象の根本的解決については、誰も考えないんでしょう。湾岸に海風を遮る高層ビルをガンガン建ててますし、そういった開発計画は野放しです。

06:51 PM | Comments (1) | TrackBack

July 20, 2004

「マラトンの戦い」8月12日だった

マラトンの戦いの戦勝報告のためアテナイまで走り、「アテナイの人々よ、喜べ、我らは勝利を得たり」との言葉を発して息絶えた兵士フェイディピデスの故事…、この話はこの記事だけでなく、様々なところで語られています。
ギリシャの歴史家ヘロドトスが詳細な記述を残している…と書かれていますが、私は「この逸話は作り話」と教わりました。
ところで、実際のマラトン〜アテネ間は36.75キロだそうです。

06:28 PM | Comments (0) | TrackBack

July 19, 2004

長距離トラックの過酷

昨日夜9時から放送されたNHKスペシャル「トラック・列島3万キロ 時間を追う男たち」を、興味深く見ました。
宅配便は全国どこでも翌日に配達、産直の新鮮な野菜が安く食べられ、コンビニ店頭にはいつも新鮮なお弁当、ジャストインタイム方式を採用して在庫を減らした企業は製造コストを引き下げる…こうした我々が甘受する便利で安上がりな生活は、過酷で危険な労働を続ける長距離トラック運転手、そして中小運送業者の犠牲で成り立っていることを、いったいどれだけの人がわかっているのか…

私は基本的に、全ての産業における自由競争を支持する立場ですが、それでも過当競争に陥ったトラック輸送業界には、何らかの規制を設けて、事業者と運転手を保護すべきかも。あそこまで過酷な長時間運転が続けば、事故増加に繋がり、運転手の健康は蝕まれ、安価な給与は生活基盤を脅かします。適当な「業界保護規制」の立案を望みます。

03:11 PM | Comments (0) | TrackBack

July 18, 2004

相続税の対象

新聞に、三菱マテリアルの純金商品の広告が出ていました。
荘厳な響き、三菱の18金御輪(おりん)」、ってヤツ。仏壇に置いて「チーン」っ鳴らすヤツです。…で、広告の隅に小さく「仏具として常用しますと相続税の対象となりません」…と書かれていました。

ふーん、そうなんだ。じゃあ、3億円の純金の仏壇でもOKなのかなぁ…

12:15 AM | Comments (0) | TrackBack

July 16, 2004

モムチャンおばさん

モムチャン」とは、「プロポーション、ボディがすばらしいという意味の韓国語の俗語。モム=体、チャン=最高)」…だそうです。「ナイスバディ」って意味ですね。
この「韓国でフィットネスブーム」という話、今朝のNHKニュースでやってたので、映像を見た人も多いかも。ともかく、普通の主婦がみんなきれいになっていくんですね。いいですね。日本では「痩せる」だけなのに、韓国では「筋肉」も必要みたいです。
ところで私、チョン・ダヨンさんのファンになりました(笑)。ここには40歳(数え年)とありますが、確かTVのニュースでは38歳とか言ってました。
彼女の書いた本、現在韓国でベストセラーなんだそうです。

11:04 AM | Comments (3) | TrackBack

July 14, 2004

RFIDでデジタル昆虫採集

バーチャル昆虫採集…ですね。くだらないこと思いつくなぁ…
やっぱり本物の虫を取らなきゃ、面白くないでしょ。

07:21 PM | Comments (0) | TrackBack

「にがり」取りすぎ注意

こちらのニュース
研究所によると、主成分の塩化マグネシウムが「糖の吸収を遅らせる」「脂肪の吸収をブロックする」「糖質代謝を促進する」などとして、ダイエット効果を紹介する例が目立つが、どれも確実な根拠や文献はない…って、そんなこと当たり前でしょ。もとが海水なんだから。
にがりが健康にいいとかやせるとか…って、「マイナスイオン」と同じ与太話。まあ、好きで摂って体調崩すヤツに、わざわざ警告する必要もないと思いますけど…

07:12 PM | Comments (0) | TrackBack

July 10, 2004

宝塚

今、NHKで宝塚のドキュメンタリーを見ているところです。
新人同期生が50人揃ってラインダンスの練習をしています。
一糸乱れず、50人が息を合わせて、同じ顔で笑いながら……実に不気味です。
何かに似てると思ったら、北朝鮮のマスゲームとか、喜び組の踊りとか……そんな感じ。
日本人は、こういうの、やるのも見るのも好きなんですね。

あ、宝塚なんて女子中学生の学芸会みたいなの、何の興味もないですが、
これをやってる人間、見て喜んでる人間のメンタリティについては、非常に興味があります。

09:11 PM | Comments (0) | TrackBack

July 09, 2004

雨の木曜日殺人事件

いや、ミステリー小説のような連続殺人事件です。
で、映画「殺人の追憶」は、実話を元にしているんですね。

05:16 PM | Comments (0) | TrackBack

たかが選手

ナベツネの「たかが選手」…というセリフ。久しぶりに聞きました。
公的な発言で、他人の職業を「たかが…」と言い切る非常識な人間がいるんですね。
さすがに、「たかが新聞社の経営者」「たかがプロ野球のオーナー」は、言うことが違います。
それにしても「なんで中村みたいなアホに5億も払わなあかんの?社会的犯罪ですよ。泥棒や」…と発言するバカ球団社長もいたりして…

プロ野球の将来を心配しているわけじゃありませんが、スト、絶対にやるべきでしょう。

04:43 PM | Comments (0) | TrackBack

July 06, 2004

ウソつき野郎ども

原発コストを隠す通産省と原子力委、リコール隠しの三菱自動車、裏金資料を隠す警察、五輪誘致の会計資料を隠した長野県、職員の現金着服を隠したJA高知はた

これで、子供には「ウソはいけない」と教育するのか、この国の大人は…

05:22 PM | Comments (0) | TrackBack

July 04, 2004

若者もアルゼンチンタンゴ、その背景は

若者の間にタンゴが流行っているなんて、知りませんでした。

それにしても、「…深瀬さん夫妻は家に帰っても、ふとしたことで自然にタンゴを踊るといいます…」って、家の中で自然にタンゴを踊る夫婦というのは、なんとなく想像を絶する生活です。

09:38 PM | Comments (0) | TrackBack

July 03, 2004

折り紙のCDケース

最近あちこちのBlogで紹介されている「折り紙のCDケース」、私もここで紹介しておきます。

折り方は、こちらです。
これを実際に作って見たとき、あまりに見事な「実用性」に感動しました。

オフィスでも個人でも、ケースのない安価なバルクCDを大量に使用しています。
100円ショップでケースや不織布のジャケットを売っているけれど、いちいち購入するのも面倒だし、下手するとCDの単価よりケースの方が高いわけです。
で、これまでも、その辺にある適当な端紙を折って、それにCDを挟んで、カバンに入れて持ち歩いたりしてました。
私のオフィスにはコピーミスや不要になった書類など、大量のA4の紙があります。こうした端紙を使って、このケースを折れば、もう無敵。早速、アルバイトに20枚ぐらい折らせて、作り置きしておきます。

最初に考えた人、エライ!

01:14 PM | Comments (0) | TrackBack

July 01, 2004

バービーちゃんに新恋人

いや、たかが人形なのに、リアルなストーリー作りは大変です。
昔の恋人とよりを戻す…ってシチュエーションも、アリかもしれません。

そんなことよりも、こうした人形を「改造する」という趣味の人がたくさんいることに驚きます。
こちらのリンク集を辿ると、驚くべきフェティッシュな世界が広がっています。

06:28 PM | Comments (0) | TrackBack

June 29, 2004

外来語、4語は言い換えを断念

(1)「回線接続」と提案したオンライン(2)「情報集積体」としたデータベース(3)「公開討論会」などとしたフォーラム(4)「文化支援」としたメセナ。「かえって分かりにくくなった」などの批判が出ていた…ということですが、じゃあ、イニシアチブを「主導、発議」とするのは、わかりやすいのか?
ここは、アホの集団ですね。

07:09 PM | Comments (0) | TrackBack

カンフーvs空手

昔から、「カンフーと空手はどっちが強いか?」には興味がありました。
で、カンフーの達人が極真空手に完勝したそうです。
もっとも散打のルールで「グローブ使用」で戦ったそうですが…

10:40 AM | Comments (0) | TrackBack

June 26, 2004

犬ぞり隊、ゴールへ

極北ロマン紀行隊」…気色悪いネーミングだなぁ。
「ロマン」を感じろ…と、強制されているへるようです。
モンゴロイドの旅路をたどる…って目的も、なんとも陳腐です。

08:24 PM | Comments (0) | TrackBack

June 24, 2004

親子

アニマル浜口、浜口京子の親子、頼むからTVに出ないで。
気持ち悪過ぎ。

11:02 PM | Comments (0) | TrackBack

June 22, 2004

大谷・中村理論

いまさら…という方も多いでしょうが、一応ご存知ない方もいるかと思いまして…
大谷・中村理論」へのリンクを貼っておきます。
私は、これを計算して愕然としました。

もう人生の大半…終わってます。

05:22 PM | Comments (0) | TrackBack

June 21, 2004

ありがとう駅

高知県南国市が、第三セクターの土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」に、「ありがとう駅」の愛称の駅を誕生させる…そうです。
「現代人が忘れがちな感謝の言葉で駅を呼んでもらい、同時に後免の名前を広めたい」…と、市長。
二つの言葉をそろえて発音するだけでも気持ちがいい。観光にも役立ててほしい」…と、やなせたかし。

…うう…このセンス、この感覚、気持ち悪い。
駅の名前を「ごめん」「ありがとう」にして、何が気持ちいいんだ?
駅名は、普通に地名でいいよ。

05:01 PM | Comments (0) | TrackBack

電気を消してスローな夜を

「1000000人のキャンドルナイト」消灯キャンペーン 外食チェーンなど参加も戸惑い…というニュース
むろん私は無視しました。
主催者によるこちらのサイトを読むと、「プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、文明のもっと大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。」…と書いてありますが、電気を消すことが何故「人間の自由と多様性を思いおこす」ことにつながるのか、理解できません。
「呼びかけ人」を開いたら、「坂本龍一」とか「窪塚洋介」とか「C.W.ニコル」とか、もう想像したとおりの胡散臭い人物がいっぱい出てきて、笑っちゃいました。
この手の、思いつきのような「象徴的行動」は、得てして、それを実行しただけで「何かを考えたような気になりやすい」ものです。本当に「人間の自由と多様性」を思いおこしたいのであれば、こんな無意味な行動をとるのではなく、まともな本でも1冊読んだ方がよいでしょう。

04:14 PM | Comments (0) | TrackBack

June 20, 2004

薬師寺21世紀まほろば塾

「心と文化」をテーマに、現代人の生き方を探る講座「薬師寺21世紀まほろば塾の「奈良塾が20日、奈良市の薬師寺で開かれた…というニュース
心の荒廃が指摘される現代に、法話などを通じて「心のまほろば」を発信する…というのは不快なコンセプトだなぁ。
確かに、佐世保の女児殺害事件などもあって、「心の荒廃」が気がかりなのはわかります。でも、なんでそこに、「宗教」が出てくるんだ? 仏教もキリスト教もイスラム教も、宗教は自由だけど、えらそうに社会の問題に口を出すな…と言いたい。

09:32 PM | Comments (0) | TrackBack

June 18, 2004

ウィンザー公の恋文競売

1936年に英王位を捨て米国人のシンプソン夫人との結婚に走り「世紀の恋」と騒がれたウィンザー公…の話を聞いて思ったのですが…

日本の皇太子も雅子妃のことでくよくよ悩んでないで、いっそのこと2人で皇族やめる…ってのはどうでしょうか。もう何を言っても、雅子妃に男子を産ませるのが必須の義務…という状況は変わらないでしょうから。
で、皇室典範を読むと、第十一条に「皇族の身分の離脱」という条項があり、「年齢十五年以上の内親王、王及び女王は、その意思に基き、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる」と書いてあるので、やめられそうですよ。

03:46 PM | Comments (0) | TrackBack

広告の「トヨタ」が「ホンダ」に 誤字めぐり訴訟

広告には確かに誤字があるが、イメージ、名称などの主な内容はいずれも「威馳」のものであり、広告としての目的を果たしているとして、宏利が広告費を支払うべきとの判断を下した…というニュース
日本なら、代理店の担当者のクビが飛ぶのはむろん、代理店側から「広告費はいらない」と即刻申し出るでしょう。加えて、3回ぐらいは無料で広告をうつ…ってあたりで話がまとまるでしょうね。

でも、考えて見れば、この代理店はたいしたものです。もうトヨタからの広告なんかいらない…と言っているわけですから。トヨタもナメられたものです。

03:34 PM | Comments (0) | TrackBack

June 17, 2004

偏差値40以下は「治安の悪い学校」

「ドン・キホーテ」が、偏差値40以下の高校の生徒は店舗で採用しないとする内部文書を作成していたことがわかりました…というニュース
学校の偏差値と生徒の「治安レベル(?)」の間には全く相関関係がない…と言い切れる人は誰もいないでしょう。無論、個人レベルで判断するのが正しいのは当然ですが、いわゆる大企業の「指定校制度」と同じで、効率、確率の問題ですね。これは「差別」ではありません。

 「極めて遺憾なことだと思いますね。学校によって選考の基準を定めるということが、学校に対する予断と偏見がまさに出てきているということですから」(東京労働局職業安定部・廣瀬誠人 課長補佐)…って、「学校に対する予断と偏見」を持つのが、なぜ悪いのですか?
内部文書などにせず、密かな選択基準にしていればよかったのに…

11:06 PM | Comments (0) | TrackBack

June 16, 2004

今、高級車に乗る理由

…日本は“差異のないフラットな社会”を目指して来ました。それ自体を否定するつもりはありませんが、社会が成熟した後は“差異”を意識する人が増えてもいい。一般的な常識や平均から遠い位置にあるクルマに乗って“差異”の本質を感じる。現代において高級車に乗る意味は、ここにあると僕は思いますね…という徳大寺有恒の言葉
他者のとの価値観の差異を「高級自動車」の乗ることでしか表現できないとしたら、それは実に悲しいことです。だいたいが、排気ガスを撒き散らしている自動車、しかもその重量で道路を痛め、より多くの排気ガスを出して環境に悪影響を与える「大排気量の高級車」に、「哲学」とか「文化」とか高尚なものがあるとも思えません。
勝手に言ってろ…

04:07 PM | Comments (0) | TrackBack

June 11, 2004

出産シーンを生放送

ちょっと驚きました。
中国中央テレビが、「中国の人口」という番組で、妊婦が出産する瞬間を「生放送」したそうです。
いや、もし日本で放映されても、私は見る勇気がありません。
「出産未経験の女性が号泣」…したとのことですが、人口抑制政策に力を入れている中国のことですから、若い女性に出産を尻込みさせる目的での放映だったかもしれません。

12:42 PM | Comments (2) | TrackBack

June 09, 2004

扇風機に向かって「あ〜」と叫ぶ

蒸し暑い日が続くので、押入れにしまい込んであった扇風機を引っ張り出しました。
バラしてあった羽と保護カバーの部分を組み立てて、とりあえずちゃんと動作するかどうか、スイッチを入れてみます。
扇風機が回り始めたとたん、思わず扇風機に向かって「あ〜」と叫んでいる私がいました。
これって、皆さんも小さい頃にやりませんでしたか? 羽根が回っている扇風機に向かって「あ〜」と叫ぶと、「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」と、濁った音が切れ切れに続くのが面白いんです。私は、大人になった今でも、ついやってしまいます。

ところで、この文を書くために「あ」の濁った音を表現しようとしましたが、恥ずかしいことに、最初は「あ」に濁点を付けるのはどうやったらいいのかわかりませんでした。
考えてみると、私はワープロを使い始めてもう25年になります。東芝「RUPO」や富士通「オアシス」、キヤノン「キヤノワード」などの初期の専用機も使いましたが、なんたって懐かしいのはPC-8801など8ビットパソコンにカセットテープに入った単漢字変換のワープロプログラムをロードして使っていた時代です。エプソンの7×9ドットのドットインパクトプリンタしか持っていなかったので、複雑な漢字は読めないことも多かったですね。
話が横道に逸れましたが、そのワープロを使い始めて25年になる私が、「あ゛」という文字を打とうと思ったのは初めてです。だって、使う必要がなかったですから…
使っているFEPは、当然MS-IMEです。最初は「あ”」(「あ」に続けて半角のダブルクオーテーションマーク)と打ってみました。何か違います。「ヴ」(ローマ字変換でVUと打つ)のような入力方法がないかと考えてみましたが、思いつきません(ひらがなに濁点なんてあるわけないですね)。しばらく考えた挙句に、「だくてん」と打って変換してみました。すると見事に「゛」が画面に出ました。うーん、濁点だけを打つ方法があったのですね。ついでに「はんだくてん」と打って変換したら「゜」が出ました。感激!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」という文字が打たれたこの文は、こうしたプロセスで書かれたものです。

10:50 AM | Comments (2) | TrackBack

June 08, 2004

スパイダーマン

お前はスパイダーマンか…」というのは、なかなか当を得た発言。でも、「彼は感性豊か」と評価している。
「感性」って何だろう。今回の事件後、彼のサイトやBlog、環境イベントでの発言などを拾って読んでみたが、「愛」とか「自然との共生」とか「平和」とか、適当な言葉を安易に並べているだけで、思想的背景が非常に浅く、思索に深みがまったくない。環境問題や精神世界に関する発言、そして日本の政治状況などに関する意見は、論理性が欠けているだけでなく、彼の年齢から見ると非常に「幼稚」。こういうのを「感性」という言葉で表現するのは、まったくピンと来ない。彼の発言を読んだら、誰もが幼稚だと思うはずなのに、なぜ誰もそれを言わないのだろう。…まあ、どうでもいいけど。
ところで「俳優としての評価」は、私は知りません。

12:31 PM | Comments (0) | TrackBack

June 07, 2004

COMPUTEX TAIPEI の美女

こんな記事も楽しくてよいものです。
もっとたくさんの画像がこちらにありますよ。興味のある方はどうぞ。

04:21 PM | Comments (0) | TrackBack

労災障害等級

労災障害等級…人さし指の特別扱い70年ぶり見直し」…という記事、「ああそうか」という程度の内容ですが、この「労災障害等級」については、ちょっと嫌な思い出があります。
私は20代の頃に、バイクの事故でひどい骨折をして、大病院の整形外科病棟に長期間入院していました。この整形外科病棟には、あらゆる事故の患者が長期入院していましたが、その多くは労災認定の対象となる事故でした。私自身は早く怪我を治して社会復帰したいと願っていましたが、入院中に知り合った長期入院患者の中には、社会復帰の意欲を無くした人達がたくさんいました。治癒期になると、逆に「もっと長く入院していたい」と願うのです。労災だと基本的な入院費用が出るので、退院して社会復帰するよりも入院してゴロゴロしていた方が楽だからです。また、労災認定は等級によって一時金の額が違うため、より高い等級に認定してくれるように主治医に頼み込んでいる患者も多かったのです。特に年金が出る7級以上の認定を希望する人が多く、見ていて「見苦しい」と感じたものです。
労災の障害補償は必要な制度ですが、人間をダメにすることもあります。

04:16 PM | Comments (0) | TrackBack

June 05, 2004

少人数授業

「習熟度別」英数で有効 「2人教員」は効果なし…という、国立教育政策研究所が行った少人数授業に関する調査結果、当たり前でしょう。教師が何人いようとダメな授業はダメだし、逆に習熟度別集団ごとに授業内容を変えれば効果があるのは、調査をやるまでもなくわかることです。
結局のところ、「能力や学力に応じたクラス分け」、さらには「能力や学力に応じた学校分け」…がもっとも合理的な教育方法のはず。それをやらないのは、「悪しき平等主義」以外のなにものでもありません。
教育現場における「平等」の意味を、問い直す必要があります。

私なんか、小学校のときは1クラス50人でした。

12:10 PM | Comments (0) | TrackBack

June 03, 2004

車載用ブラックボックス

自動車に、フライトレコーダーのようなブラックボックス(こちらこちらを参照)の搭載が進んでいるなんてことは、確かにあまり知られていません。
アメリカでは既にかなり搭載例が多いとのことですが、今後自動車への装備が進む外部とのネットワーク機能と結びつくと、こちらの記事に書かれているような心配が現実のものとなりそうです。逆に、こちらの記事にあるように「物言えぬ被害者の“最後の味方”」という部分でのメリットも評価しなくてはなりません。
先日、やっと加害者のウソが認定されたこちらの事故のケースなどは、加害者の車にこうしたブラックボックスが装着してあれば、いち早く真実を知る助けになったはずですから…

03:44 PM | Comments (0) | TrackBack

May 31, 2004

長嶋さんの魅力を学問的に分析

「長嶋学」創設を目指している千葉大教育学部教育社会学研究室の明石要一教授…って、何だコレ?
小中高校生に、「長嶋監督が総理大臣ならどんな国になるか」って質問だって?
「大学」って、こんなくだらないことをやるところなんでしょうか?
しかも、国立大学(独立行政法人)だから、税金遣ってやってるわけですね。
バカにしてる。やめさせろ。

ちなみに私は、長嶋って人は「まともな日本語を喋ることができない、かわいそうなお笑いタレント」…という認識です。

11:21 PM | Comments (0) | TrackBack

May 28, 2004

イギリスでここ10年で最もセクシーな女

あいかわらずこのサイトのネタはいいですね。
全部の写真を見比べて見ましたが、特にピンと来る女性はいませんでした。

そういえば、5月25日の「スイカップを揉みしだかれる」という画像も衝撃的でした。
「…TBSは古瀬アナを、巨乳のオモチャとしていじり倒して短期的に視聴率を稼ぎ、あとはポイする方針を固めたみたい…」とありましたが、オモチャにする方針を固めたのはTBSではなく、久米宏のNステ降板で大幅に稼ぎが減った オフィス・トゥー・ワンでしょう。
私、古瀬アナのキャラ、けっこう好きです。

06:35 PM | Comments (0) | TrackBack

May 25, 2004

絶対評価の学校間格差、最大45倍

高校入試の調査書に影響する成績評価が、絶対評価の導入で甘くなる「バブル」の一端が浮かび上がった…というニュース

絶対評価の結果で「高校入試という名の相対評価」が行われる…のだから、このバカバカしさに誰か気付いて欲しいですね。
他者比較すること、他者と比較されること…は、人生の本質です。

11:36 AM | Comments (0) | TrackBack

May 24, 2004

金メダリストの“卵”発掘

国立スポーツ科学センター(東京・北区)が、一流スポーツ選手に共通する遺伝子の探索に乗り出す…という記事
学習能力、音楽の能力など、様々な能力について遺伝子を探索し、エリート教育を進めることに賛同します。人間の能力に遺伝が大きく関与していることは自明であり、「プライバシー侵害や差別につながる懸念」なんて別にないと思いますが…

04:53 PM | Comments (0) | TrackBack

May 21, 2004

Ship of Fools

このニュースを読んで、Church of Foolsへ行ってみました。
3DCGで構成されたバーチャル教会の中を歩き回れます。自分の画像は「透明人間」のようで、不思議。かなり面白い体験です。

…もっとも、宗教に興味のない私にとって、ニュース自体はくだらないですけど。
救われたい方はどうぞ。

06:23 PM | Comments (0) | TrackBack

May 16, 2004

けなげな山田まりや

山田まりや(24)の音信不通だった父・山田祐次氏が突如マスコミの前に姿を現し、娘との再会を訴えている…というニュース

…まりやは10年ほど前、この父の家庭内暴力に耐えかね、母と弟を連れ家を飛び出した経緯がある。以来、父とは一度も会わず、入学した高校もすぐに退学し、病弱な母に代わって一家の生活費を一人で稼いできた。
…まりやの10年は涙なくしては語れない。ボロアパートに母子3人が肩を寄せ合う生活。16歳で芸能界に飛び出す際は、お金のためにはタレントか風俗嬢か本気で悩んだほどだ。給料が入ると、すぐに積立預金も始めた。

いや、こんな記事を引用したからって、山田まりやのファンってわけじゃないんですが…
この手の話が好きってわけでもないんですが…
でも、やっぱり好きな話かも…

12:15 AM | Comments (0) | TrackBack

May 14, 2004

フォトマスター

通信教育事業の財団法人国際文化カレッジ(東京)は13日、日本初の写真とカメラの実用知識検定制度「フォトマスター」を始める、と発表した。同カレッジが運営と資金管理を行い、オリンパスや富士写真フイルムなどが協賛する…というニュース

1級が受験資格となるEXは、コンクールなどの受賞歴や撮影した写真、小論文で合否を判定…って、何か嫌ですね。でも、写真コンクールが大好きなマニア連中のメンタリティを、うまくくすぐってるかも。
写真愛好家団体に属するオジサンたちは、この資格に飛びつくんでしょうね。
お互い「フォトマスター○級」なんて書いた名刺を交換したりして。
ああ、嫌だ…


公式サイトができてます。

11:32 AM | Comments (0) | TrackBack

May 13, 2004

10万ウォン新紙幣のモデル

17代国会の女性議員らは柳寛順(ユ・グァンスン)烈士を新紙幣モデルに最も相応しい女性人物に挙げたというアンケート結果が発表された…という朝鮮日報の記事
柳寛順は韓国のジャンヌダルク」と呼ばれている英雄です。
「冬ソナ」をはじめ、韓国ブームの中で韓国を訪問する人も増えていますが、柳寛順について知っておくのも悪くありません。生家も見学できます。
彼女の生涯については、こちらの資料(前編後編)あたりを参照。

05:00 PM | Comments (0) | TrackBack

April 30, 2004

静岡市の話

クイズで販促――PR界の異端児”に聞くアクセスアップ法…という記事を読んでいたら、その内容にも関心を持ったのですが、その中にクイズ問題の例として、「日本で最も面積の大きい市はどこでしょう」という問いがありました。答えは「静岡市」とのことですが、これは知っていました。

それよりも、静岡市が「日本で最も3000m峰の多い市町村」であることをご存知ですか?
静岡市には、南アルプスの約半分近くが含まれ、間ノ岳、悪沢岳、中岳、前岳、赤石岳、塩見岳、聖岳、西農鳥岳、農鳥岳…と、合計9つの3000m峰があります。
2003年に合併誕生した山梨県南アルプス市には北岳、中白峰、仙丈岳の3つがあるので、南アルプスのずべての3000m峰は、必ず静岡市か南アルプス市のどちらかに含まれていることになります。

06:16 PM | Comments (0) | TrackBack

April 25, 2004

声の整形手術

若々しい声になるために、声帯の手術を受ける人が米国で急増している…そうです。
私はポリープ様声帯との診断で、近々声帯を手術する可能性があります。
「全身麻酔の状態では患者の声を聞きながら微調整することができないため、どんな声に変わるのかは術後まで分からない…」とのことですが、声が変わるとは、手術が不安になりますね。

10:32 PM | Comments (1) | TrackBack

April 24, 2004

春と秋に飛んでくる「異常電波」

電波が来る方向は、おおむね南西の海洋から…とのことです。
季節や条件によって海外からの電波が届きやすくなる…というのであれば、電離層の影響という可能性があります。
昔、6mバンドでアマチュア無線をやっていたとき、Eスポが発生すると面白かったです。

01:04 PM | Comments (0) | TrackBack

April 22, 2004

アザラシの赤ちゃんを保護

北海道斜里町の砂浜などで22日までの5日間に、母親の元を離れて間もない野生のアザラシの赤ちゃんが6頭(ゴマフアザラシ5頭とクラカケアザラシ1頭)見つかり、町立知床博物館に保護された…というニュース
日本で見られるアザラシたちを参照してください。

06:06 PM | Comments (0) | TrackBack

ヤマギシ会

ちょっと古いニュースですが、今週始めに「ヤマギシに850万円支払命令」という報道がありました(赤旗へのリンクですが他意はありません…笑)。
ヤマギシ会についてはその実態が意外と知られていません。
こちらのページは、ヤマギシの歴史を知るかなりよい資料でしょう。
この中に興味深い事実があります。
1964年の項ですが「山岸会創始者の1人である福里ニワの孫娘が、あの武村正義代議士の息子と結婚している」…というものです。
知りませんでした。

12:08 PM | Comments (0) | TrackBack

April 20, 2004

個人的な予想

このBlog内でイラクの人質問題関連のさまざまなソースを拾ってきました。
また、それ以上に多くの情報を時間をかけて読んで見ました。
そこで、イラク問題の今後について、個人的な予想を書きます。

・米軍主導の占領体制はまもなく崩壊する(年内)。
・国連主導の政権移譲もうまくいかない。
・日本は、6ヶ月以内に自衛隊の撤退を余儀なくされる。
・むろん、大半の国がイラクから手を引く。

…私は別に預言者じゃないですけど、上記の予測はかなりの確率で的中すると思います。

07:47 PM | Comments (0) | TrackBack

April 14, 2004

ジェニファー・ロペズになりたい

米MTVの人気番組「I Want A Famous Face」にてマイケルという名の男性(写真)が全身整形手術でジェニファー・ロペズもどきに変身した…というニュース
術前、術後の写真が不気味です。

それにしても、「現在米国ではこうしたメイクオーバーショー(変身、整形番組)を初めとした視聴者参加型のリアリティーショー型番組が流行しており…」って何だ?
こんなTV番組こんなTV番組が存在するとは…知りませんでした。

03:47 PM | Comments (0) | TrackBack

voice4

このバカバカしさ、意外といいかも。
記者会見の動画を見て笑いました。
アナブルーの野村真季アナは「白いタイツを着たのは幼稚園のお遊戯以来で恥ずかしい」…とのコメントです。

11:57 AM | Comments (0) | TrackBack

March 15, 2004

太陽系10番目の惑星

NASAが確認
仮称として、イヌイット神話に登場する海の女神の名前から「セドナ」と名付けられた。
この記事の話とは違うようです。
イヌイット神話セドナについて、初めて調べてみました。

04:41 PM | Comments (0) | TrackBack

高橋尚子、まさかの落選

こちらで報道されている通りですが、よいんじゃないですか。
あのうるさいコーチのおしゃべりを聞かなくても済みます。
それよりもオリンピックの代表、競技を問わず男女共に、選考基準として「容姿」を入れるべき。商業主義の象徴である「オリンピック」に出るアスリートたるもの、美しくなくっちゃダメでしょう…

03:57 PM | Comments (0) | TrackBack

March 10, 2004

留学生選手1人に制限

関東学生陸連は、2005年度の82回大会から
箱根駅伝の外国人留学生選手の出場を各チーム1人に制限すると発表した…。
やっぱり、「身体能力の高い外国人を走らせるのは卑怯」…みたいに考える人、多いんでしょうね。「日本人による日本人のための大会」が理想…と思う人、多いんでしょうね。でも、大学こそ多国籍化すべき場所です。
多様な国籍・民族が混在していない大学なんて魅力もないし、世界的に見てもむしろ異常。学生の大会だからこそ、多様な国籍・民族の選手が走るべきです。
それに、「勝つために有力な選手を補強する」ことがダメなら、国体も甲子園もみんな無意味。ともかくくだらない規制だし、「大学」の位置付けや存在についても考え直した方がよいと思います。

06:16 PM | Comments (0) | TrackBack

March 06, 2004

能天気な記念撮影

こりゃ何だ?
「フセインの穴」で記念撮影、自衛隊員と記念撮影…
こんな写真しか掲載しないのか、こんな写真しか撮ってないのか…
本当に知りたいのはイラクの社会の実情、市民の生活 etc.
そういえば、 イラクへ行った鳥越俊太郎も、フセインの穴の映像を見せてました。
TVに出てくるジャーナリストって、みんなこんなものです。

02:10 PM | Comments (0) | TrackBack

新選組の日

全国の新選組同好会やゆかりの地の観光協会など12団体が3月13日を“新選組の日”とし、毎年持ち回りで新選組の魅力を語る「新選組サミット」を開くことを決めた…そうです。

くだらない…

01:44 PM | Comments (0) | TrackBack

March 02, 2004

バイクの高速2人乗り解禁

まだ時期は未定らしいけど、やっと解禁ですか…
もう20年近く前になるでしょうか、
バイクの高速2人乗り解禁と高速料金引き下げを求めて、
数百人のライダーがデモを行いました。
覚えている人なんていないだろうけど、
何故か私も参加してました。

06:57 PM | Comments (0) | TrackBack

February 28, 2004

鴨南蛮

今、TVでやってました。
鴨南蛮の語源は、鴨難波…大阪の難波が始まりだそうです。
南蛮渡来じゃなかったとは…

10:08 PM | Comments (0) | TrackBack

宗教

教祖への判決が下ったオウムやヤマギシ会などの存在を思うと、
宗教団体へ干渉することの難しさを、つくづくと感じます。
宗教自体を規制することは難しいし、するべきではないかもしれません。
せめて、判断力のない子供、未成年を救えないでしょうか。
タバコやお酒のように、成人になった時点で「信教の自由」を適用するのです。
未成年に対する一切の宗教勧誘や宗教的な習慣の押し付けを法で禁止する…
これは妥当な制限だと思うのですが…

01:55 PM | Comments (0) | TrackBack

February 23, 2004

豪徳寺の招き猫

世田谷区の豪徳寺へ行ってきました。
井伊直弼のお墓がある名刹です。
ここは、由緒正しい招き猫の本家でもあります(こちらを参照)。

040223_01.jpg

03:44 PM | Comments (1) | TrackBack

February 18, 2004

おぞましい

スポーツのしごきが、人間が生き抜くための「こらえ性』を培う…
そういえば石原慎太郎は、あの戸塚宏支持者でしたね。

07:11 PM | Comments (0) | TrackBack

February 15, 2004

たしかにカコイイかも…

シュヴァルツシルト 、スアソンテタージュ、ディラックの海 、ラグランジュ・ポイント …
これです。

12:14 AM | Comments (0) | TrackBack

February 14, 2004

おばあさんのおっぱい

なんだこりゃ

01:26 PM | Comments (1) | TrackBack

February 13, 2004

MARS

「…3月13日に新八代−鹿児島中央(現・西鹿児島)で開業する九州新幹線「つばめ」の指定席券が13日午前10時から、全国のJR主要4635駅などで一斉に発売され、正午現在で約1万4000席のうち8割強が売れた。鹿児島中央駅を午前6時に発車する一番列車「つばめ30号」は392席のうち、通常より多い270の指定席を用意したが、発売開始からわずか3秒で完売した…」

このニュースを読んで思いました。270の指定席の予約を3秒で完了するシステム、すごい演算処理能力を持つコンピュータです。古くからコンピュータ業界に関連している人なら、JRの座席予約システム「MARS」の歴史は、よく知っています。で、現在はどんなコンピューターが使われているのかと思い、ちょっと調べてみました。
システムを運用しているのはこちらです。

ホストコンピュータに使われているのはこれです。日立の「MP5800/220」とは、意外とポピュラーな汎用機で、思ったほどたいしたものではありませんでした。

こんな動画も楽しんでください。

05:18 PM | Comments (1) | TrackBack

グローバリゼーション

Hi!
Here's a small joke for all to enjoy.
Question: What is the height of globalization?
Answer: Princess Diana's death.
Question: How come?
Answer: An English princess with an Egyptian boyfriend crashes in a French
tunnel, driving a German car with a Dutch engine, driven by a Belgian who
was high on Scottish whiskey, followed closely by Italian Paparazzi, on
Japanese motorcycles, treated by an American doctor, using Brazilian
medicines! And this is sent to you by an Indian, using Bill Gate's
technology which he probably stole from the Japanese. And you are probably
reading this on one of the IBM clones that use Taiwanese-made chips and
Korean made monitors, assembled by Bangladeshi workers in a Singapore plant,
transported by lorries driven by Pakistanis, hijacked by Indonesians and
finally sold to you by Chinese!

That's called Globalisation, My friend !!!!!!!!!

04:17 PM | Comments (1) | TrackBack

February 12, 2004

ハルウララ

地方競馬の高知競馬でデビュー以来、103連敗中の牝馬ハルウララの応援歌を収録したCD、カセットが3月17日に全国発売される…というニュースがありました。
「負け続けてもひたすら走り続ける姿に感動する」…という人が多いそうですが、
何でそんなものに感動するのか、全く理解できません。
よほど単純で幼稚な感性なのか、さもなくば「本当に感動するもの」を見つけるだけの感受性がない人が多いのでしょう。

悲しいことです。

07:52 PM | Comments (0) | TrackBack

February 08, 2004

出張

週末の出張は、疲れました。
出張先の画像を、近日中に公開します。

11:26 PM | Comments (0)

February 05, 2004

神谷睦月

楽天から来るメールは、必ず「楽天市場の神谷睦月です」から始まっていますよね。
今日楽天から来たメールには、神谷睦月さんからのバレンタインカードがありました。
また楽天サイトの中には、「神谷睦月の読書感想文」なんてコーナーもあります。
この「神谷睦月」なる人物が実在していると思っているユーザーもいるかもしれません。
でも「神谷睦月」なる女性は実在しません。
ちゃんと計算して作られた、バーチャルなパーソナリティです。

11:49 AM | Comments (0)

January 30, 2004

写真

 今日はとりあえずウーパールーパーの写真を…
040130_01.jpg

11:34 AM | Comments (3)

January 29, 2004

バンコクのバイク

2ストマシンがまだ生きていてる街です…
View image

06:17 PM | Comments (1)

January 28, 2004

雑感

 最近は非常に「年齢」を感じることが多くなりました。一言でいえば「体力の衰え」です。体調不良になる日も増えました。でも、精神状態は妙に安定しています。
 若い頃は、自分は中年期以降は「狷介な性格」になっていくのでは…、などと予測していましたが、逆に「陽気で人見知りをしない」…という側面が強くなりつつあります。まあ近頃は「相手が誰でも楽しく話せる、人と話すのが楽しい」という毎日です。お酒を飲むこと自体には全く執着がありませんが、オフィスの近くの居酒屋などにもよく出没しています。初対面の人ともよく話すし、意気投合すればプライベートでもお付き合いします。こんなことは、以前の私にはありませんでした。

12:27 PM | Comments (2)