Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

January 18, 2005

脳−コンピューター直結インターフェース

こちらの記事ですが、実用化の進展は四肢の麻痺等の患者には確かに朗報でしょう。
しかし、別の用途(マシンと人間の一体化等)や脳のコントロ−ルといった分野への応用も可能かもしれません。
「マシンと人間の一体化」なんて言葉からは、「終戦のローレライ」を連想してしまいました。
それにしても、これが脳に埋め込まれ、こんなプラグが脳から出ている図…は、何ともSFチックで現実感がありません。

まあ、科学や医学の進歩は、途方もない現実をもたらすものですね。

06:22 PM | Comments (0) | TrackBack

January 06, 2005

「音声文字変換」携帯電話

こちらです。
認識率がどの程度なのかわかりませんが、手話が出来ない健常者が聾唖者とコミュニケーションをとるために、非常に有効な機能でしょう。

06:04 PM | Comments (0) | TrackBack

低価格で携帯電話を使い放題に

いや、この手のサービス、いつかは出てくると思ってました。

こんなシステムを使わなくとも、いずれは「IP携帯電話」が主流となるでしょう。
また、普及が進むIPセントレックスサービスの今後の動向も気になるところです。

05:53 PM | Comments (0) | TrackBack

December 24, 2004

ネットワークカメラの新製品

携帯電話から疑似動画再生も可能なネットワークカメラ「Qwatch」 です。
安価だし、ネットワークカメラマニア(?)の私としては、1つ買ってもいいかなと思ってます。

05:20 PM | Comments (0) | TrackBack

December 17, 2004

GPSネットワークを停止するテロ対策

こちらの記事です。
アメリカの、しかも軍事システムに依存することの危うさえお、あらためて感じます。
当初は独自の測位衛星運用を考えた中国も参加を表明しているガリレオ計画に、日本も本格参加すべきでしょう。
せっかく参加要請が来ているのですから…

06:37 PM | Comments (0) | TrackBack

「ThinkPadは変わらない」

こちらの記事によれば…
「ThinkPadを開発する日本の大和事業所(神奈川県大和市)の研究者も、Lenovoへの移行をポジティブにとらえている」…とのこと。
ThinkPadは好きなノートPCなので、一安心です。

06:30 PM | Comments (0) | TrackBack

December 07, 2004

軍基地の無線で、遠隔操作式のガレージの戸が誤作動

ちょっと気になるニュースでした。
390MHzといえば、日本ではコードレスホンの一部や盗聴器に使われる帯域ですね。
あと、どうでもいい話ですけど、一部のビデオカードのコアクロックと同じです。

06:48 PM | Comments (0) | TrackBack

December 02, 2004

携帯はこうしてPCになっていく

CPUは数百MHz、メモリは50Mバイト以上、そして各社が共通のOSを採用…という見通し。
いっそ早くPC化してくれた方が、オジサンユーザには使いやすいかも。
だけぞ、OSにWindows系だけはやめて下さいね。
いっそ、SL-C3000に電話機能が付いた…って感じの製品になると使いやすそうです。

06:52 PM | Comments (0) | TrackBack

November 09, 2004

最新・最強自作PCをくれ!

ある日ひらめいた「大人買い」への衝動…というこちらの記事
このセリフを言いたくなる気持ち、よくわかるなぁ…
でも私なら、「Xeon 3.20AGHz」(約12万円)のDUAL構成でサーバーを組みたいですね。

03:31 PM | Comments (0) | TrackBack

November 04, 2004

太陽電池内蔵のフリースジャケット

コレです。
使い途なさそうだし、値段も高過ぎるけど、何となく欲しいかも。
でも、デザイン何とかして欲しいですね。

05:46 PM | Comments (0) | TrackBack

October 29, 2004

「ゴッゴル」が16万件突破!

こちらの記事です。
ゴッゴルについての説明は不要ですよね。

05:12 PM | Comments (0) | TrackBack

October 20, 2004

プリペイド式携帯電話の販売禁止法案

こちらの記事です。
意味不明の法案ですね。どうせ、「なんとなく選挙民受けしやすい」というそれだけで、飛びついた議員がいあたからでしょね。
プリペイド携帯電話は、CSM端末を中心に世界中で運用されている制度です。短期的に利用したい、非常に通話回数が少ない…と言ったユーザには利便性が高い。また、絶対に料金の取りっぱぐれがない…という面では、キャリア側にもメリットがあります。
「犯罪に使われないようにする」ことが目的ならば、契約時に厳正な身元確認を義務付ける、そして法律で譲渡を禁止するか、もしくは譲渡手続き時にも厳密な身元確認を義務付ける…、ただそれだけの話でしょう。要は運用システムだけの問題です。

04:13 PM | Comments (0) | TrackBack

October 19, 2004

デジタル・アコーディオン

Rolandの「Vアコーディオン」。
コレ、メチャクチャ欲しい!

07:19 PM | Comments (0) | TrackBack

October 13, 2004

チャットルームの監視システム

「テロ対策」という言葉を錦の御旗に、際限なくサイバースペースの監視システムが開発され酔うとしていますね。実に怖い話です。
チャットのログデータから、「各メッセージが送信された時間を追跡し、トラフィックの統計的な概要」を作成することで、「メッセージの内容を読まずに、誰が誰に話しかけているのかを特定できる」…とのこと。
さらに、「隠れたコミュニティーを探すため、それぞれのグループで話されている内容のヒントが得られるような特定のキーワードがメッセージに含まれていないかをチェック」…したいそうです。
ホント、やってられないなぁ…

06:38 PM | Comments (0) | TrackBack

October 07, 2004

マイクロソフト社によるデジタル著作権管理

もしマイクロソフト社がパソコン市場での支配的地位を利用し、同社の技術を使用しないかぎり一般消費者にコンテンツを届けられない状況を作り出せば、こうした支配権が一段と広範囲に及ぶことは間違いない…という怖い話です。
ここはひとつ、欧州委員会の抵抗に期待したいところですが、こんなふざけた状況に対しては、わが国のネットユーザも声を上げるべきでしょう。
私は、クリエイティブ・コモンズの考え方を断固支持します。

06:39 PM | Comments (0) | TrackBack

September 28, 2004

どっちも「カメ」

韓国のLGフィリップスLCD社は23日、第6世代の液晶パネル工場が正式稼働したと発表した…というニュース
サムスン−ソニー連合は2005年第2四半期に第7世代の量産開始とか。
いや、日本の液晶メーカーとしては孤軍奮闘するシャープも、韓国メーカーとの競争は厳しいですね。

それにしても、LGの工場所在地は「亀尾」、シャープの工場所在地は「亀山」…どっちも「カメ」。
だからなんだ?

06:39 PM | Comments (0) | TrackBack

September 11, 2004

インジウム不足

今日の朝日新聞朝刊「be」に掲載されていたこの記事
インジウムはもう数年前から液晶メーカーの懸念材料になっていたし、ここ1年ぐらいは各所で話題にもなってます。
でも、この朝日新聞の記事で、リサイクルやってる同和鉱業や、酸化亜鉛を用いた透明導電膜を開発している住友重機械工業などの株を、遅ればせながら買いに走る個人投資家が増えるんだろうなぁ。
まあ、もともと住友金属鉱山など液晶用ITO関連銘柄って人気だったしね。

あ、私は別に株なんてやってません。

11:21 AM | Comments (0) | TrackBack

September 04, 2004

Pentium4販促用の美少女イラストグッズ

美少女キャラクタ使ったイラストが一部で話題となっているIntel製品販促グッズが久々に登場…というニュース
確かに、昨今のアキバと言えばPCパーツ屋よりも同人系ショップの方が多いぐらい。
それにしても、「PCパーツのユーザ層」と「美少女イラスト愛好者」との間に、どの程度の相関関係があるものなんでしょう。
AMD製CPUを想起させる「A」「64」「OP」などの文字がレオタードに書かれた少女が縄で縛られて転んでいるという画像は、こちらです。

03:36 PM | Comments (0) | TrackBack

August 17, 2004

パソコン生産:大手電機メーカーの海外シフト加速

大手電機メーカーが、中国や台湾メーカーにパソコンの生産を外部委託する動きを加速している…という記事を読むと、あたかも「日本でも設計・生産が可能だが、意図的にコストの安価な中国で生産している」…と思ってしまいます。
しかし、実態は少し違います。既に日本のパソコンメーカーには、「短期間でパソコンやマザーボードの新機種を設計する技術力」がありません。台湾メーカーなら、日本よりも少ない人数で、短期間で優れたパソコンを設計します。要するに、「中国に生産拠点を持つ台湾メーカーが、日本のメーカーにはない技術力でパソコンを設計・生産し、日本メーカーにOEM供給している」…状況です。
こちらの記事を読むと、台湾メーカーの力がよくわかります。
残念な事態ですが、日本メーカーの多くは、パソコンを企画・設計する力を失っています。

07:51 PM | Comments (0) | TrackBack

August 13, 2004

ITにまつわる15の俗説・都市伝説

まあ、どれも「都市伝説」と言えるようなものじゃないですね。あまり面白くありませんでした、この記事
私が知らなかったのでは、「日本語版Windowsは俳句をエラーメッセージに使っている」ってヤツだけでした。

04:01 PM | Comments (0) | TrackBack

August 06, 2004

匿名ネット技術

オープンソース・コミュニティーのプログラマーたちが、米海軍調査研究所(NRL)が開発した通信システムに改良を加え、『トーア』(Tor)というソフトウェアを開発中…というニュース。この手の技術には、期待しています。
「インターネットユーザーがウェブの閲覧する際に匿名性を確保する」ことは、非常に重要だと考えています。

06:45 PM | Comments (0) | TrackBack

August 04, 2004

電源入の携帯電話、雷を呼ぶ?

「携帯電話で通話する際、電波がたくさん発生するため、雷の標的になり得る」…これはちょっと怖い話です。

前エントリーと同じ韓国紙からですが、これ科学的根拠あるのでしょうか?

05:09 PM | Comments (0) | TrackBack

August 02, 2004

かぜがなおる

ボーダフォン、夏モデル携帯の「V602SH」に不具合 …というニュース

…メールなどを作成する際の文字変換機能において、「かぜがなおる」または「ひょうかがわかれる」を一括変換した場合、画面が消えて作成中の文章が破棄され、待ちうけ画面に戻ってしまう。原因はソフトウェアのバグによるもの。この文は活用形であっても同様の現象が起きてしまう…

ここまで明確に単語が特定されるとなると、ほぼ確実にイースターエッグ、絶対にバグじゃないでしょうね。だって「かぜがなおる」と「ひょうかがわかれる」の、2つの単語だけですよ、不具合が起こるの…

iモードの初期、2000年春頃頻発した「特定の文字を入力するフリーズする」ってバグ、あの中にもいくつかのイースターエッグが混じってたと睨んでます。以前、ドコモへ取材に行ったときにその話をしたら、当然否定されましたけど…

06:18 PM | Comments (0) | TrackBack

July 23, 2004

入試にP検

立正大学経営学部は今年から、AO入試にパソコン検定準4級を導入する…という記事。くだらない。パソコンのスキル、しかもP検4級程度のスキルを入学基準にするなんて、全く無意味。
まあ、こちらの大学が実施した「バーベキュー入試」と大差ないですね。

05:45 PM | Comments (0) | TrackBack

July 08, 2004

セコい「ソニー」

ソニーは20Gバイトのウォークマン「NW-HD1」について、「容量はiPodの半分だが1万3000曲を保存でき、iPodの1万曲をしのいでいる」と、確かに大々的に宣伝しています。1万3000曲という数字は、最も大きく扱われています。
しかし、それはあくまで「48KbpsのレートでATRAC3の圧縮システムを使った場合の数字」で、「48KbpsのATRAC3は、CD品質に近いとさえ言いがたい。ソニーのジュークボックスソフト(デフォルト設定)およびオンラインストアとも、132Kbpsで音楽を配信している」…となると、Apple社ならずとも「あまりにも消費者をナメた、セコい宣伝」と言いたくなります。
ちなみにAppleのiPODの「1万曲」という数値は、128KbpsでAAC圧縮システムを使ったものとのこと。
ソニーも、つまらんことやるなぁ…

07:19 PM | Comments (0) | TrackBack

July 02, 2004

DDIポケットの明日はどこにあるのか

面白い分析記事です。
京セラの資本参加は、中国市場を睨んでのことだと思っていました。
それにしても、現状において「…DDIポケットは粗利率12%を超える良好な事業」だったとは、知りませんでした。

PHSの生き残り策の方向性として、「…必ずしも高速とは言い切れないものの常時接続が可能で経済効率も高い最大数百kbps程度のデータ通信を生かし、特定のアプリケーション領域に特化したサービスを創出して取り込むことが妥当…」とし、「…たとえば身体情報を常にモニターして健康管理を行うサービスや、インスタントメッセンジャーやプッシュ・トゥ・トークをベースに位置情報や経済・企業・地域情報などをライフスタイルナビとして提供するサービス」等を挙げていますが、かなり賛同できる意見です。
私は、観光ガイドや美術館・博物館ガイドなど、「貸し出し型端末」としても有望だと思っています。

07:09 PM | Comments (0) | TrackBack

June 17, 2004

3GPP MPEG-4変換対応ソフト

ユーリードシステムズは6月16日、第3世代携帯電話「FOMA」「CDMA 1x WIN」「VGS(Vodafone Global Standard)」などに対応する3GPP/3GPP2準拠MPEG-4ムービーの生成・変換が行えるケータイムービー活用ソフト「Ulead Video ToolBox 2」を発表、8月6日より発売する…そうです。

これ、すごく欲しかったソフトです。自分のケータイBLOGで、オリジナルムービーを簡単に公開できます。

01:54 PM | Comments (0) | TrackBack

「携帯にフルブラウザも」〜KDDI、小野寺社長

小野寺社長は「携帯電話へのフルブラウザ搭載問題については、1つの流れだと思っている」とコメントしました。やはり、「公式サイト」に依存する現行ケータイキャリアのビジネスモデルは、転機を迎えつつあるようです。
Nokiaの動きもさることながら、やはり「京ポン」のインパクトが大きかったのでしょう。実際に使っていますが、ブラウジングは十分に快適です。

01:46 PM | Comments (0) | TrackBack

June 16, 2004

世界初、電力消費ゼロの電子書籍端末

天津津科電子公司はこのほど、閲覧中の消費電力がゼロの電子書籍端末を独自開発し、世界で初めて商品化に成功した…というニュース
メモリー効果を持つEPID(電気泳動ディスプレイ)でしょうか?

04:46 PM | Comments (0) | TrackBack

June 14, 2004

台湾の液晶製造技術

シャープと東元電機グループの特許紛争のニュースが続いていますが、実のことろ、台湾の液晶製造技術は、まったく侮れません。こちらの資料を読めばわかる通り、生産量もさることながら、大画面パネルの製造技術もきわめて高いと言えます。「2008年には日本勢のシェアは50%を割り、台湾メーカーがそのトップの座を脅かす見込み」…です。
むろんサムスンをはじめとする韓国勢も相変わらずの勢いを保っていますし、いまや液晶は「日本のお家芸」ではありません。

06:09 PM | Comments (0) | TrackBack

May 31, 2004

OCNトラブル

オフィスのOCNが、今日の15時過ぎから不通。
復旧の見込みも立たず、仕事にならないので、帰宅しました。
通信障害状況によると、NTTComの大手町ビルにおける電源設備の故障…とのこと。
2chのプロバイダスレによると、東京を中心に関東の広範囲な地域で、ADSL、IP8、IP16が不通らしいですね。今回のトラブルはかなり大規模です。

06:33 PM | Comments (0) | TrackBack

May 26, 2004

ブログ間の情報伝達をリアルタイムに追跡

ウェブログの世界は、一見ぱっとしないアイディアを即座に話題の最前線へと押し上げる、不思議な能力を備えている…って、別にブログに限った話じゃありません。
なんだか、意味があるようで意味のない実験です。
この手の実験を含めて、ネットコミュニケーションの動向分析を「専門の学問」としちゃう動きは強く、日本の大学なんかでも「コミュニケーション学」の1分野として認知されつつあるようです。
まあ、こんなことやってメシが食える「学者」ってのはいい商売ですね。

05:03 PM | Comments (0) | TrackBack

May 22, 2004

迷走する“著作権”

迷走する“著作権”――そして“共有”…という名和小太郎氏の論考。
「ただし、著作権侵害を蔓延させるためにWinnyを開発したという言い方は法治国家の市民としてはよろしくない。方法が拙劣であった。そんなことは何も言わないで、Winnyは著作権法に対する批判を表現したプログラム著作物であり、著作物であれば当然のこととして言論であり、そのような言論を抑圧するのは表現の自由に反すると主張すればよかった」

…確かにその通りです。
ただ、金子氏が「著作権侵害を蔓延させるためにWinnyを開発した」…などと供述しているとは思えませんが…

12:37 PM | Comments (0) | TrackBack

May 20, 2004

Winnyに“新バージョン”が登場

開発者不在のWinnyに“新バージョン”が登場…しました。金子氏ではない、第三者が開発、「通信暗号を二重化して外から復号を難しくするためのパッチ」が含まれている…とのことです。
「Winny開発の火」を消さないで欲しいものです。

Winny作者とアインシュタインの違いは何か?…という、国立医薬品食品衛生研究所の増井徹氏の論考。
「Winny開発者と科学者はどこが違ったのか?」。この問いに答えるため、増井氏は「何人も最終的発言権を持たない」「何人も個人的権威を持たない」という科学の在り様を定義する2つの枠組みを示した。簡単に言うと「私が言うのだから正しい」というのは非科学的だ…と述べています。
金子氏は、けっしてこの枠組みから逸脱していなかった用に思います。逆に、周囲の人々、特に既存の「権威ある学会の人々」の方が金子氏についていけず、結果的に彼を「孤高の人」にさせたことを反省すべきでしょう。

こちらが金子勇氏支援サイトです。

06:53 PM | Comments (0) | TrackBack

May 19, 2004

あなたのことをベタ褒めします

ソーシャルネットワークで「あなたのことをベタ褒めします」 という「やじうまWatch」の報告。いやぁ、オークションの出品物も多様化していますね。
ソーシャルネットワークってやつ、バカバカしくて私は個人的にはまったく参加する気はないし、参加する意味も感じないのですが、「ビジネスとしての面白さ」ゆえの興味はあります。結局のところ、こういう「場」で、「社会との関係」や「アイデンティティ」を確認したい人って多いんでしょう。

04:53 PM | Comments (0) | TrackBack

May 14, 2004

「AH-K3001V」、売り切れ続出

DDIポケット向けの京セラ製端末「AH-K3001V」が14日、発売となった。久しぶりの音声端末の投入でもあり、販売は好調。特にシルバーの人気が高く、都内量販店などでは事前予約なしでは購入できない状況…というニュース

こちらの記事を読めばわかるとおり、この端末は「ネット接続機能付きPDA」といった方が正確でしょう。
「AirH"PHONE」は、POP3メールの設定ができる点で、もともと非常に魅力あるものでしたが、この端末はOpera 搭載、しかもSSL2.0/3.0、Cookie、JavaScriptへの対応、そして2.2インチQVGAのTFT液晶搭載によって、ネットブラウジングに関しては下手なPDAを完全に凌駕します。
とりあえず私も購入する予定です。

05:28 PM | Comments (0) | TrackBack

May 11, 2004

Winny作者逮捕の波紋

さてWinny作者逮捕から一夜明けて、一般の方からIT評論家、ライターなど様々な方がネット上でコメントを寄せています。その中では、デジタルコピー時代における新しい著作権の概念確立の必要性…について述べているものが目立ちます。私が読んだ中で、非常に優れた論評として、「弾圧されつつあるダムネットワークという思想」という一文を挙げておきます。あと、東浩紀氏のBlogでのコメントも興味深いので紹介しておきます。

本件に関して、私の基本的な考えは変わりません。Winnyというのは非常に優秀なネットコミュニケーション機能を持つP2Pソフトであり、Winnyの是非は「ネットコミュニケーションにおけるWinnyの有効性」という視点からのみ評価されるべきだ…というものです。
今回の「違法コピー幇助容疑」による逮捕を見ていると、「実は逮捕した側にとっても著作権問題は口実に過ぎない」のかも…などと考えたりもします。Winnyが持つ優れた匿名コミュニケーション機能、加えてP2Pというコミュニケーション形態が、本質的に情報の「監視・管理」を拒絶する存在であるからです。情報社会にあって「権力の維持」にもっとも必要なものは、「情報の占有」と「情報流通の管理」であることは確かです。
Winnyが「著作権のある音楽や映像の流通」に使われていること自体は、著作権者にとって大きな損失ではあれ、国家や権力者にとってさほど大事なことではないかもしれません。しかしWinnyのような、またはもっと匿名性の高いソフトを使ったP2Pネットワークが、「人に知られたくない情報やデータの流通」に広範囲に使われると、ある立場の人々や組織は、その権力基盤を脅かされることになります。要するに、「情報の流通を監視し管理することができなくなる…ことを恐れている」人々がどこかにいるのではないか…という話です。

今回の逮捕の目的が、現行のWinnyコミュニティを壊滅させるためではなく、「ソフトや人的ネットワークを含めたWinny的なもの全て」に向けられたものであれば、そんな恐ろしい話はありません。いずれにしても、コミュニケーションツール、しかも非常に優れた機能を持つP2Pコミュニケーションツールを開発した人間が逮捕される…ということは、ある種の非常事態とも考えています。

●参考になる論説

連載【IT奔流 ネットの表裏】(1)winny 危険の連鎖…という読売新聞」の特集記事を読みました。

それにしても、「わけわからん記事」です。Winnyを平然と「違法ソフト」と書く記者の感覚は完全におかしい(別にWinnyは違法ソフトではありません)し、Winnyというソフトの本質を開設する上でも、何の役にも立たない記事です。
「実は、このウィニーが今年3月以降に発覚した公的文書のネット流出の誘因にもなっていた」…として、「京都府警や北海道警の捜査報告書、同府警の指名手配書や鑑定嘱託書、高知市消防局の火災報告書、陸上自衛隊の隊員名簿などがネット上で次々とコピーされ、2度と回収できない深刻な事態を招いたのだ。原因は、警察官らが、ウィニーをインストールした私物のパソコンを仕事に使い、そのパソコンがウィニー利用者だけに広まるウイルス『Antinny』に感染したことだった。」…と、あたかもWinnyが危険なウィルスを媒介する元凶のよう書くことで、Winnyに対するイメージを誘導しています。
しかし、「インストールすることで情報が流出する危険を持つ」ソフトを「危険なソフト」と言うのなら、もっとも危険なソフトは「Windows」ですよね、記者さん…
Winnyについて解説的・啓蒙的な記事を書くのなら、まずもってP2PソフトとしてWinnyの持つ高度な機能を正確に解説して欲しいものです。まだ先に続くようですから、今後の記事の展開を見守りましょう。

●「著作権」についての現時点での私の考えは、こちらに書いておきました。

11:14 AM | Comments (2) | TrackBack

May 10, 2004

Winny開発者を逮捕へ…

 「Winnyの開発者逮捕」の動きを見せている京都府警ハイテク犯罪対策室と五条署に対して、強く抗議します。これはおそらく、先日「週刊文春」が出版差止め命令」を受けた一件と同等の意味を持つ重大な問題です。
 そして、こちらの新聞記事にある、「…社会的に有益な通信形態の開発は、一方で、悪用される危険を常にはらんでいる。ネット社会で責任を取る主体は誰なのか…」に対する答は「個人」であるべきだと考えています。

 いまさらWinnyの機能について説明するまでもないでしょうが、まだ使ってみたことがない方は、とりあえずこちらのサイトあたりを参照してください。
 Winnyは非常に優れたP2Pソフト…と認識しています。上記新聞記事の言葉を借りれば「社会的に有益な通信形態」を提供してくれるソフトです。効率のよいP2P通信機能と高い匿名性は、ともにネットコミュニケーションを高度化する上できわめて重要な要素です。

 かつて私は、「グヌーテラでいこう」という本の前書きに、こんなことを書きました。「…本書では“音楽データファイルの共有ソフト”としてグヌーテラを取り上げるのではない。“インターネット上で、個人の持つファイルを自由に検索し交換できる汎用的なファイル共有の仕組みを作るソフト”…として紹介するのである。さらに、グヌーテラは優れた情報公開ツールであり、Webサイト公開とは異なる簡単な作業で世界に向けて情報の発信ができる。そして、グヌーテラは特定の仲間とプライベートネットワークを構築して、LANのようなファイル共有システムを実現する。グヌーテラは、現行のインターネット上の情報の流れやサービスの形態を根本的に変えるかもしれない、無限の可能性を持つソフトである。この優れたピア・ツー・ピア型ネットワーク構築機能を持つグヌーテラというソフトを、ぜひとも多くのパソコンユーザーに使ってもらいたい…」

 グヌーテラが登場したときの衝撃を忘れることはできません。そしてWinnyには、グヌーテラ以上に「新しい形のネットコミュニケーション」を作り出す可能性を持つ機能が備わっています。そのWinnyの作者を逮捕しようとしていることに対して強く抗議するとともに、ネット上の「通信の自由」や「表現の自由」に対する昨今の警察・司法のスタンスに大きな危惧を覚えます。

逮捕記事出ました。

ファイル交換ソフトの開発者が逮捕されるのは国内初で、世界的にも異例という記事です。

弁護士のコメントです。

「P2Pイコール悪」に懸念…私も同じです。

10:39 AM | Comments (2) | TrackBack

April 27, 2004

ムーバ506iシリーズ

506シリーズが出るとは…
あれは2003年頃でしたっけ、ドコモは、504シリーズのときに既に「最後のPDC端末」って言ってましたよね。505シリーズの発表時にも、「最後で究極のPDC端末」なんて言ってたような…。
まあ、900シリーズは通話エリアにも問題あるし、一部機種の操作レスポンスが遅いなど、機能面、ソフト面でも多くの問題を抱えていますから。

04:59 PM | Comments (1) | TrackBack

April 21, 2004

チョコと交換でパスワード

「ロンドンのオフィスワーカーを対象に行われたある調査によると、ほぼ7割の人がチョコレートバーと交換でネットワークアクセス用のパスワードを教えてしまったという」…というニュース
私ならチョコじゃ教えない。でも、「うさぎやのどらやき」をくれたら教えるかも。

05:35 PM | Comments (0) | TrackBack

April 09, 2004

「Gメール」はプライバシーを侵害

話題のGメールに関するこのニュース
グーグルは、文字の拾い出しは機械による自動作業のため、プライバシーが侵害されることはないと説明している…って、ヘンじゃないかい?
機械が読もうと、人間が読もうと、私信の内容を勝手に検索する…って、納得できるわけありません。

「Gmail」の商標問題まで出てきて、前途多難のようです。

04:14 PM | Comments (0) | TrackBack

March 09, 2004

ヤフーBBの実態

回線利用者数は381万人だが、課金対象は241万3451人
今後の資金調達に問題が起きる可能性は大きいですね。

06:23 PM | Comments (0) | TrackBack