Archives
Recent Entries
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

June 30, 2004

食べられる 投票用紙協会

このニュースに出てくる「食べられる 投票用紙協会」って何だろう?
「ろくな候補者が 立候補していないことに 抗議する」ことが目的なら、別に食べなくてもいいのに…

Posted by ymmr at 03:54 PM | Comments (0) | TrackBack

June 29, 2004

外来語、4語は言い換えを断念

(1)「回線接続」と提案したオンライン(2)「情報集積体」としたデータベース(3)「公開討論会」などとしたフォーラム(4)「文化支援」としたメセナ。「かえって分かりにくくなった」などの批判が出ていた…ということですが、じゃあ、イニシアチブを「主導、発議」とするのは、わかりやすいのか?
ここは、アホの集団ですね。

Posted by ymmr at 07:09 PM | Comments (0) | TrackBack

携帯電話は精子に悪い?

ハンガリーの科学者が、携帯電話を尻ポケットや腰のホルスターに入れて持ち歩いていると、精子の数が30%程度少なくなる可能性があるとの研究結果を発表した…というニュース
電磁波の影響に関しては、「怪しい話」も多く、何が本当なのかわからない状況です。

まあ私の場合は、もう精子が減っても別に構いません。精力さえ衰えなければ…フフ…

Posted by ymmr at 05:46 PM | Comments (0) | TrackBack

カンフーvs空手

昔から、「カンフーと空手はどっちが強いか?」には興味がありました。
で、カンフーの達人が極真空手に完勝したそうです。
もっとも散打のルールで「グローブ使用」で戦ったそうですが…

Posted by ymmr at 10:40 AM | Comments (0) | TrackBack

June 28, 2004

ドック・ジョンソン社製のアダルトグッズ「アイバイブ」

こちらです。
要するに、「この機器の操作は双方向で働く─互いに相手が使っている機器のスピードやリズムをネットを通じて制御できる」…のだそうです。
チャットをしながらバーチャルセックス…、面白いとは思いますが、私は「リアルセックス」の方が好きです。

Posted by ymmr at 04:02 PM | Comments (0) | TrackBack

June 27, 2004

「おやじ」の全国組織発足

「最近、雷おやじがいなくてさみしい。愛情なくして子供をしかれない。子供に嫌われたくないという思いが強過ぎ、日本のおやじの姿が薄れていったんじゃないか」…と語ったのは星野仙一
…例えそうだとしても、だからといって「おやじが集まって全国組織を作る」必要があるのか、これは他人と話し合う問題なのだろうか…さっぱりわからない。何の意味もない全国組織です。
それに、代表が「星野仙一」って、何で?

Posted by ymmr at 11:05 PM | Comments (0) | TrackBack

June 26, 2004

犬ぞり隊、ゴールへ

極北ロマン紀行隊」…気色悪いネーミングだなぁ。
「ロマン」を感じろ…と、強制されているへるようです。
モンゴロイドの旅路をたどる…って目的も、なんとも陳腐です。

Posted by ymmr at 08:24 PM | Comments (0) | TrackBack

June 25, 2004

出張関連経費の約1370万円

外務省は25日、4月にイラクで発生した邦人人質事件で政府が負担した経費は総額約1815万円だったと発表した…というニュース
いったい、何人が何泊したら、出張関連経費が約1370万円になるんでしょう。
役人の出張手当て(日当)やホテル代、航空機代の明細を知りたいですね。

Posted by ymmr at 04:35 PM | Comments (0) | TrackBack

「1票の格差」5・16倍

この状態では、到底まともな議会制民主主義とは言えません。参政権がどれほど重要な権利かを、あらためて述べるまでもありません。
「?倍までなら合憲」という問題ではなく、きっちりと「格差ゼロ」にすべきなのは自明です。
それ以前に、5倍の格差で「合憲」との判断を下した最高裁のバカ裁判官を、衆院選挙時の国民審査で罷免しない国民の側にも問題があります。

Posted by ymmr at 12:32 PM | Comments (0) | TrackBack

June 24, 2004

親子

アニマル浜口、浜口京子の親子、頼むからTVに出ないで。
気持ち悪過ぎ。

Posted by ymmr at 11:02 PM | Comments (0) | TrackBack

モハマド君「経過順調」

モハマド君の矯正視力が0・4まで回復…というニュース。 TVやラジオでも繰り返して流されています。
確かに喜ばしい話ですが、モハマド君のニュースが流れると同時に、イラクで新たな死傷者が出た…というニュースも繰り返されています。
1人の少年の傷ついた目を治すこと、彼のためにたくさんの日本人が募金し、支援すること…それ自体は、きっとよいことなのでしょう。でも、内戦状態が悪化する一方のイラクでは、もっと多くの人が救いを求めています。

…うまく言えませんが、この「善意」が全面的に出たニュースを見たり聞いたりするたびに、私の心には「小さな違和感」が増幅されていきます。最近では「不快感」すら感じます。
「今、本当にやるべきこと」「本当に流すべきニュース」って、何なのでしょう…

Posted by ymmr at 07:39 PM | Comments (0) | TrackBack

June 23, 2004

ムール貝の香草焼き

昨今の大学の食堂にはこんなおしゃれなメニューがあるんですね。値段もかなり高いですけど…

いや、感慨深いものがあります。
?十年前に私が入学した横浜の大学には、「グリーンハウス」という汚くて不味い食堂しかありませんでした。私は毎日お昼に「チキンカツ定食(250円?)」ばかり、食べていたのを思い出します。
ちなみにその大学内の「グリーンハウス」という食堂、その後総合フードサービス企業に発展し、上場したそうです。こちらに沿革が書かれていますが、「あのまずいオンボロ食堂が…」と、目を丸くしました。

Posted by ymmr at 05:19 PM | Comments (0) | TrackBack

イラク武装勢力、金鮮一さんを斬首

非常に残念なニュースです。韓国系のソースを読みまくりましたが、金鮮一さんの悲痛な姿と救出を訴える家族の姿が繰り返し放送された後だけに、国民と政府の混乱、そしてやりきれない思いが伝わってきます。殺害を確認して悲嘆にくれる家族の姿は、韓国のTVで繰り返し放送されています。

…日本人人質の場合、イラク国民に友好的な活動を展開していたジャーナリストかボランティアだったのに比べ、金さんは米軍部隊に食料を納品する会社の職員だったという点も、釈放交渉に不利な条件として作用したと推定されている…という韓国マスコミの分析は正しいでしょう。

…韓国政府、軍ともに派兵計画を履行を表明していますが、人質殺害で、派兵反対論が韓国で強まるのは必至。イラク政策で米国に最大限の協力姿勢を示してきた盧武鉉政権を揺るがす可能性…は十分にあります。

…イラクの武装グループが金鮮一(キム・ソンイル)さんを無惨に殺害したというニュースが報じられると、国防部のホームページには復讐を呼び掛ける書き込みが殺到した。特に、一部ネチズンは極度の興奮状態で、テロリストだけでなく、イラク全体に対する怒りを露にしている…という一部韓国国民の反応にも留意する必要があります。

いずれにしても、今後はアメリカに協力する多くの国が、「究極の選択」を迫られることになります。日本も、後戻りが可能なうちに議論を深め、再度イラク問題についての国民的なコンセンサスを形成・確認する必要があるでしょう。サマワのオランダ軍の撤退決定は、確実に自衛隊を厳しい立場に追い込みます。

…さすがに、このニュースに対しては「常識的なコメント」しかできません。

Posted by ymmr at 06:34 AM | Comments (0) | TrackBack

June 22, 2004

大谷・中村理論

いまさら…という方も多いでしょうが、一応ご存知ない方もいるかと思いまして…
大谷・中村理論」へのリンクを貼っておきます。
私は、これを計算して愕然としました。

もう人生の大半…終わってます。

Posted by ymmr at 05:22 PM | Comments (0) | TrackBack

June 21, 2004

日本名ジェネレーター

こちらです。
ちなみに、私の名前をローマ字で入力したら「坂本一真」になりました(笑)
変換アルゴリズム(?)は不明です。

Posted by ymmr at 06:11 PM | Comments (0) | TrackBack

ありがとう駅

高知県南国市が、第三セクターの土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」に、「ありがとう駅」の愛称の駅を誕生させる…そうです。
「現代人が忘れがちな感謝の言葉で駅を呼んでもらい、同時に後免の名前を広めたい」…と、市長。
二つの言葉をそろえて発音するだけでも気持ちがいい。観光にも役立ててほしい」…と、やなせたかし。

…うう…このセンス、この感覚、気持ち悪い。
駅の名前を「ごめん」「ありがとう」にして、何が気持ちいいんだ?
駅名は、普通に地名でいいよ。

Posted by ymmr at 05:01 PM | Comments (0) | TrackBack

電気を消してスローな夜を

「1000000人のキャンドルナイト」消灯キャンペーン 外食チェーンなど参加も戸惑い…というニュース
むろん私は無視しました。
主催者によるこちらのサイトを読むと、「プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、文明のもっと大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。」…と書いてありますが、電気を消すことが何故「人間の自由と多様性を思いおこす」ことにつながるのか、理解できません。
「呼びかけ人」を開いたら、「坂本龍一」とか「窪塚洋介」とか「C.W.ニコル」とか、もう想像したとおりの胡散臭い人物がいっぱい出てきて、笑っちゃいました。
この手の、思いつきのような「象徴的行動」は、得てして、それを実行しただけで「何かを考えたような気になりやすい」ものです。本当に「人間の自由と多様性」を思いおこしたいのであれば、こんな無意味な行動をとるのではなく、まともな本でも1冊読んだ方がよいでしょう。

Posted by ymmr at 04:14 PM | Comments (0) | TrackBack

June 20, 2004

薬師寺21世紀まほろば塾

「心と文化」をテーマに、現代人の生き方を探る講座「薬師寺21世紀まほろば塾の「奈良塾が20日、奈良市の薬師寺で開かれた…というニュース
心の荒廃が指摘される現代に、法話などを通じて「心のまほろば」を発信する…というのは不快なコンセプトだなぁ。
確かに、佐世保の女児殺害事件などもあって、「心の荒廃」が気がかりなのはわかります。でも、なんでそこに、「宗教」が出てくるんだ? 仏教もキリスト教もイスラム教も、宗教は自由だけど、えらそうに社会の問題に口を出すな…と言いたい。

Posted by ymmr at 09:32 PM | Comments (0) | TrackBack

June 19, 2004

サウジの米人人質殺害

サウジアラビアで暗躍するテロ組織「アラビア半島のアル・カーイダ」は18日夜(日本時間19日未明)、イスラム系ウェブサイトを通じ、今月12日に首都リヤドで誘拐し、人質にとっていた米航空大手ロッキード・マーティン社技師ポール・ジョンソン氏(49)を殺害したと声明を出すとともに、同氏の首などの写真を公開した…というニュース。
こちらがその写真です。

Posted by ymmr at 11:07 AM | Comments (0) | TrackBack

June 18, 2004

ウィンザー公の恋文競売

1936年に英王位を捨て米国人のシンプソン夫人との結婚に走り「世紀の恋」と騒がれたウィンザー公…の話を聞いて思ったのですが…

日本の皇太子も雅子妃のことでくよくよ悩んでないで、いっそのこと2人で皇族やめる…ってのはどうでしょうか。もう何を言っても、雅子妃に男子を産ませるのが必須の義務…という状況は変わらないでしょうから。
で、皇室典範を読むと、第十一条に「皇族の身分の離脱」という条項があり、「年齢十五年以上の内親王、王及び女王は、その意思に基き、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる」と書いてあるので、やめられそうですよ。

Posted by ymmr at 03:46 PM | Comments (0) | TrackBack

広告の「トヨタ」が「ホンダ」に 誤字めぐり訴訟

広告には確かに誤字があるが、イメージ、名称などの主な内容はいずれも「威馳」のものであり、広告としての目的を果たしているとして、宏利が広告費を支払うべきとの判断を下した…というニュース
日本なら、代理店の担当者のクビが飛ぶのはむろん、代理店側から「広告費はいらない」と即刻申し出るでしょう。加えて、3回ぐらいは無料で広告をうつ…ってあたりで話がまとまるでしょうね。

でも、考えて見れば、この代理店はたいしたものです。もうトヨタからの広告なんかいらない…と言っているわけですから。トヨタもナメられたものです。

Posted by ymmr at 03:34 PM | Comments (0) | TrackBack

June 17, 2004

偏差値40以下は「治安の悪い学校」

「ドン・キホーテ」が、偏差値40以下の高校の生徒は店舗で採用しないとする内部文書を作成していたことがわかりました…というニュース
学校の偏差値と生徒の「治安レベル(?)」の間には全く相関関係がない…と言い切れる人は誰もいないでしょう。無論、個人レベルで判断するのが正しいのは当然ですが、いわゆる大企業の「指定校制度」と同じで、効率、確率の問題ですね。これは「差別」ではありません。

 「極めて遺憾なことだと思いますね。学校によって選考の基準を定めるということが、学校に対する予断と偏見がまさに出てきているということですから」(東京労働局職業安定部・廣瀬誠人 課長補佐)…って、「学校に対する予断と偏見」を持つのが、なぜ悪いのですか?
内部文書などにせず、密かな選択基準にしていればよかったのに…

Posted by ymmr at 11:06 PM | Comments (0) | TrackBack

「北京モーターショー04」コンパニオン写真

こちらです。

Posted by ymmr at 04:29 PM | Comments (0) | TrackBack

3GPP MPEG-4変換対応ソフト

ユーリードシステムズは6月16日、第3世代携帯電話「FOMA」「CDMA 1x WIN」「VGS(Vodafone Global Standard)」などに対応する3GPP/3GPP2準拠MPEG-4ムービーの生成・変換が行えるケータイムービー活用ソフト「Ulead Video ToolBox 2」を発表、8月6日より発売する…そうです。

これ、すごく欲しかったソフトです。自分のケータイBLOGで、オリジナルムービーを簡単に公開できます。

Posted by ymmr at 01:54 PM | Comments (0) | TrackBack

「携帯にフルブラウザも」〜KDDI、小野寺社長

小野寺社長は「携帯電話へのフルブラウザ搭載問題については、1つの流れだと思っている」とコメントしました。やはり、「公式サイト」に依存する現行ケータイキャリアのビジネスモデルは、転機を迎えつつあるようです。
Nokiaの動きもさることながら、やはり「京ポン」のインパクトが大きかったのでしょう。実際に使っていますが、ブラウジングは十分に快適です。

Posted by ymmr at 01:46 PM | Comments (0) | TrackBack

June 16, 2004

親が子供に見せたい番組

子どもに見せたくないテレビ番組」のトップは「ロンドンハーツ」、次いで「水10!」、「クレヨンしんちゃん」だそうです。まあ、こんなもんでしょう。
逆に、「親が見せたい番組」のトップが「プロジェクトX」ってのは問題です。
意味もなく感動を強制する、あんなに安っぽくて、くだらない番組を子供に見せたい親…ってのは、実に悲しいですね。
子供の感受性が鈍くなること、請合います。

Posted by ymmr at 11:00 PM | Comments (1) | TrackBack

世界初、電力消費ゼロの電子書籍端末

天津津科電子公司はこのほど、閲覧中の消費電力がゼロの電子書籍端末を独自開発し、世界で初めて商品化に成功した…というニュース
メモリー効果を持つEPID(電気泳動ディスプレイ)でしょうか?

Posted by ymmr at 04:46 PM | Comments (0) | TrackBack

今、高級車に乗る理由

…日本は“差異のないフラットな社会”を目指して来ました。それ自体を否定するつもりはありませんが、社会が成熟した後は“差異”を意識する人が増えてもいい。一般的な常識や平均から遠い位置にあるクルマに乗って“差異”の本質を感じる。現代において高級車に乗る意味は、ここにあると僕は思いますね…という徳大寺有恒の言葉
他者のとの価値観の差異を「高級自動車」の乗ることでしか表現できないとしたら、それは実に悲しいことです。だいたいが、排気ガスを撒き散らしている自動車、しかもその重量で道路を痛め、より多くの排気ガスを出して環境に悪影響を与える「大排気量の高級車」に、「哲学」とか「文化」とか高尚なものがあるとも思えません。
勝手に言ってろ…

Posted by ymmr at 04:07 PM | Comments (0) | TrackBack

June 15, 2004

NHJ、今年後半の新製品11機種を披露

エヌエイチジェイが、MPEG-4ビデオカメラ、多機能MP3プレーヤー、デジカメなど今年後 半の新製品11機種を一挙に紹介しました。
中でも興味を惹いたのが、「Che-ez! Drive」です。
見た目は“ちょっと大きなUSBメモリー”なのだが、3.2メガピクセルのCMOSセンサーを搭載してMPEG-4形式の動画と静止画(JPEG)が撮影できるカメラにもなり、メモリー内に音楽データを記録すればMP3プレーヤーにも変身する3in1タイプ…って、いいですね。
写真を見る限り、デザインも悪くありません。128Mバイト版が実売で2万円前後…ということなので、これは「買い」でしょうね。

Posted by ymmr at 11:09 PM | Comments (0) | TrackBack

君が代声量調査に市民団体抗議

「調査は君が代の強制につながり、現場に混乱を招く」「歌えない子どもを少数者として追いつめることにならないか」「憲法、法律違反だ」…という意見の是非はともかく、『君が代』なしで生活したい筑後の会…という団体名称は、あまりにもヒドイい。なんとなく参加者の人間像がイメージできます。私なら、例え君が代斉唱に反対でも、こんなバカっぽい名称の団体に参加するのは絶対に嫌ですね。反戦系や環境系などに多い、この手の市民団体のネーミングセンスは、なんとかならないものでしょうか…
もっとも、「声量の大小」で方針への忠誠度を測る…という管理側の行動センスもヒドイですけど。

Posted by ymmr at 06:35 PM | Comments (0) | TrackBack

June 14, 2004

三菱ふそう、追加リコールを表明

まあ、どうでもいいニュースですけど…
欠陥があるのは、車じゃなくて会社と社員ですよね。
会社の欠陥についてはいわずもがな…ですが、問題は内部告発もできなかった欠陥社員達ですね。
企業ってのは、組織としては利益を追求するものですから、欠陥隠しはある面では当然…かもしれません。
それよりも恐ろしいのは、人が死ぬのをわかっていながら内部告発をしなかったモラルのない社員達のような気がします。事の次第を知りながら内部告発をしなかった社員達は、皆恥を知るべきです。

…ああ、実につまんないコメント書いてる…
今夜はちょっと酔ってます。

Posted by ymmr at 10:27 PM | Comments (0) | TrackBack

台湾の液晶製造技術

シャープと東元電機グループの特許紛争のニュースが続いていますが、実のことろ、台湾の液晶製造技術は、まったく侮れません。こちらの資料を読めばわかる通り、生産量もさることながら、大画面パネルの製造技術もきわめて高いと言えます。「2008年には日本勢のシェアは50%を割り、台湾メーカーがそのトップの座を脅かす見込み」…です。
むろんサムスンをはじめとする韓国勢も相変わらずの勢いを保っていますし、いまや液晶は「日本のお家芸」ではありません。

Posted by ymmr at 06:09 PM | Comments (0) | TrackBack

一水会フォーラム「三泊四日のイラク拘束全真相」

ちょっと古いですが、新右翼一水会が、イラクで人質となり先日解放された安田純平氏を招いて、フォーラムを開く…というニュースを見つけました。
「あの一水会が…」と、ちょっと驚きました。むろん、主義主張にこだわらない姿勢は評価できます。

Posted by ymmr at 05:09 PM | Comments (0) | TrackBack

June 13, 2004

制御できぬネットの言葉

ネット上の言葉が発する力を、大人は理性で制御できても子どもにはできない…だって?
ネット上の言葉は観客を想定したショー的な面を持つ。『殺してやる』と書けば本当に殺さねばならなくなるなど、そのショーを完成させるために自分が発した言葉に自分が規制され、時に異常な行動に出てしまうのではないか…だって?

児童心理学や教育社会学の研究者ってのはバカの集まりですか?
オマエラに何がわかる?

むろん、私もわかりませんけど…

Posted by ymmr at 11:20 PM | Comments (0) | TrackBack

June 12, 2004

みそ煮込みうどん

通販で買うのなら、角千本店が美味しいですよ。さっきも食べてました。
みそカレー煮込みもオススメです。
あ、むろんこれは宣伝じゃありません(笑)

Posted by ymmr at 09:23 PM | Comments (0) | TrackBack

乙巳五賊の子孫が国家を相手取って土地返還訴訟

興味深いニュースです。
「乙巳保護条約」とは、1905年に締結された「第二次日韓協約」のこと。
岩波新書の「韓国併合」によれば、その締結の経緯は、次のようなものです。

…銃剣で威嚇しつつ調印

 11月17−18日、歩兵一大隊・砲兵中隊・騎兵連隊が王宮前や目抜き通りの鐘路で演習と称する示威をおこない、日本兵が物情騒然とした市中を巡回し市民をおびやかした。
 17日午前11時、林公使は大臣たちをチンコゲ(南山北麓)の日本公使館に招き、予備交渉をおこなったのち、「君臣間最後の議を決する」ため御前会議の開催を要求した。午後3時頃、大臣の途中逃亡を防止するため、護衛の名目で憲兵付きで諸大臣と林が参内した。
 御前会議は夜におよんだが、条約反対の意見がつよく、結論をうるにいたらなかったので、日本側との交渉を延期することにした。「事の遷延を不得策」とみた伊藤は、あらかじめ打ち合わせしていた林から連絡をうけ、8時ころ、長谷川駐箚軍司令官、佐藤憲兵隊長をともなって参内し、御前会議の再開を求めた。
 しかし、皇帝が病気を理由に出席を拒否したので、閣議形式の会議がひらかれた。外国の使臣である伊藤・林が武官とともにこれに出席すること自体、不法きわまりないが、会議は折衝の場と化した。
 慶雲宮内も日本兵が満ちていた。『大韓季年史』は「銃刀森列すること鉄桶の如く、内政府及び宮中、日兵また排立し、其の恐喝の気勢、以てことばにあらわし難し」と述べている。窓に映る銃剣の影が大臣たちを戦慄させたことだろう。
 伊藤は大臣一人ひとりに賛否を尋問した。韓圭ソル・参政(閣議責任者、半月城注)と閔泳綺・度支相(蔵相、同)は明確に反対を表明した。朴斉純外相も「断然不同意」と拒否したが、ことばじりをとらえた伊藤は、たくみに誘導し「反対と見なすを得ず」と一方的に判定した。その他の肩を落とした四人の大臣のあいまいな発言も、伊藤によりすべて賛成とみなされた。
 こうして、国民から「乙巳(ウルサ)五賊」と非難された五人の大臣の賛成をもって、会議の多数決とした伊藤は、気落ちした韓圭ソル参政に皇帝の裁可を求めるよううながし、拒否するならば「余は我天皇陛下の使命を奉じて此任にあたる。諸君に愚弄せられて黙するものにあらず」と恫喝した。
 しかし、あくまで反対の韓圭ソル参政は、涕泣しながら辞意をもらして退室した。伊藤は「余り駄々を捏ねる様だったら殺ってしまえ、と大きな声で囁いた」(西四辻公堯『韓国外交秘話』)という。大臣たちに聞こえる程度の声でいった、という意味だろうか。
 協約案は若干の文言修正ののち、午後11時半、林公使と朴斉純外相が記名し、外部(外務省)から日本公使館員が奪うようにして持ってきた外相職印を捺印した。18日午前1時半ころである。

Posted by ymmr at 06:18 PM | Comments (0) | TrackBack

June 11, 2004

日本は社会主義

下のエントリーと同じソースですが…
中国社会科学院がこのほど行った調査で、都市の住民が「自分の属する階層」と思う階層のランクが低くなりつつあることがわかった。アンケートの結果、「自分は社会の中流階層に属している」と答えた割合は全体の46.9%、「下流階層」は14.6%を占めた…という記事。昨今の中国の、都市部に急増する高額所得者層と地方農村部住民との極端な所得格差を考えれば、頷ける調査結果です。
同じ調査を日本で行うと、約90%が「中流」と答えます。日本でも中流崩壊傾向が出てはいるものの、生活意識の平均化傾向は日本の方がはるかに上。これじゃどっちが「社会主義」かわかりません。
日本が「世界で唯一成功した社会主義国」と言われる所以でしょう。

Posted by ymmr at 12:55 PM | Comments (0) | TrackBack

出産シーンを生放送

ちょっと驚きました。
中国中央テレビが、「中国の人口」という番組で、妊婦が出産する瞬間を「生放送」したそうです。
いや、もし日本で放映されても、私は見る勇気がありません。
「出産未経験の女性が号泣」…したとのことですが、人口抑制政策に力を入れている中国のことですから、若い女性に出産を尻込みさせる目的での放映だったかもしれません。

Posted by ymmr at 12:42 PM | Comments (2) | TrackBack

June 10, 2004

生ゴミを煮沸したからといってまともな食品になる訳ではない

日本にも輸入されていたとか、深刻な事件なのですが…
でも、「『生ゴミ餃子』なぜ人体に有害か…」というタイトルとか、「…もちろん、使い残しだから“生ゴミ”だということではない…」とか、なんとなく妙な文章が多い記事です。
この朝鮮日報の記事は、日本語訳がヘンなのでしょうか。じっくり読めば読むほど、妙な感じがします。私だけでしょうか…

Posted by ymmr at 06:46 PM | Comments (0) | TrackBack

出生率の詐欺

「出生率が過去最低の1・29、年金改革法“誤算”」というバカバカしい記事には呆れます。官房長官の「どんどん下がっていく認識ではない。そこまで即断できない」というコメントは、もう国民をバカにしています。事実、どんどん下がっているじゃないですか? あんたは何を「認識」しているんだ?

今に始まったことではなく、政府は年金計算の元になる出生率について、もう20年近くに渡って下方修正を続けてきました。まあ、新規建設の高速道路の採算性計算に使われる通行台数の予測と同じで、自分たちが欲しい計算結果に合わせて、「適当な数字をでたらめに作ってきた」としか言いようがありません。要するに詐欺的な発表を行ってきたわけです。
政府の発表する公式な出生率とその予測は、「国立社会保障・人口問題研究所」が行っているようですが、こいつらはもう「バカ集団」としか言いようがありません。
では、妥当な出生率予測はどこにあるのか…と言うと、アトラクターズ・ラボ(株)の予測が、かなり真実に近いように感じます。調査結果の概要によれば、「出生率は女性の大学進学率の向上→労働力率の進展(社会進出)→未婚率の増加・晩婚化・非婚化の影響を受けて今後も低下傾向をたどり、2010年には1.2を割り込み、1.14程度で安定する」…というものです。
この「1.14」という数字をもとに、年金の給付額計算をやり直して欲しいものです。
「日本の人口は2005年をピークに減少を始め、2050年には9000万人を下回り、2100年には3500万人程度(明治時代初期の水準)となる」…という予測は、恐ろしい話です。

Posted by ymmr at 04:02 PM | Comments (0) | TrackBack

June 09, 2004

親の会、存続求め文科省に陳情

東北文化学園大の学生の親らでつくる扶助会は9日、学園大の存続を求めて宮城県内などで集めた5万8807人分の署名簿を、文部科学省に提出した…という記事
「何の罪もない学生たちの教育機会が失われるようなことがあってはならない…」って、なんだかなぁ…
「何の罪もない学生」…ってのはかなりひっかかります。「経営状態も含めてまともな大学を選択する」ことも、大学入試の重要なポイントです。大学生になることは、すなわち「高等教育を受ける資格を得ること」です。まともな大学を選べない受験生は、高等教育を受ける資格はない…という見方もできます。18才になってんだら、自分の行きたい大学についてちゃんと調べろよ…って感じですね。
ところで、こちらを見ると、東北文化学園大の偏差値は学部によっては40以下、要するに勉強など全くしなくともお金さえ払えば誰でも入れる究極のFランク大学です。別に無くなっても構わないし、ここへ入った学生は、失礼ながら「きちんと大学を選択して入った」とは思えません。本気で「大学」で勉強がしたいのなら、もっとまともな大学を選択しろ…と言いたいですね。

…こんなことを書くと、「偏差値で人間を見るな」という見当はずれの批判がくるかもしれません。

Posted by ymmr at 05:04 PM | Comments (0) | TrackBack

遅ればせながら…

京セラのAirH"PHONE「AH-K3001V」(通称「京ポン」)を、やっと入手しました。
発売直後に「買うぞ」と書いておいて、こんなに購入が遅れたのは、ポイントカードを持っている近くのカメラ量販店で発売直後から品切れだったからです(セコッ)。
色は白です。使い倒します。

Posted by ymmr at 04:40 PM | Comments (0) | TrackBack

扇風機に向かって「あ〜」と叫ぶ

蒸し暑い日が続くので、押入れにしまい込んであった扇風機を引っ張り出しました。
バラしてあった羽と保護カバーの部分を組み立てて、とりあえずちゃんと動作するかどうか、スイッチを入れてみます。
扇風機が回り始めたとたん、思わず扇風機に向かって「あ〜」と叫んでいる私がいました。
これって、皆さんも小さい頃にやりませんでしたか? 羽根が回っている扇風機に向かって「あ〜」と叫ぶと、「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」と、濁った音が切れ切れに続くのが面白いんです。私は、大人になった今でも、ついやってしまいます。

ところで、この文を書くために「あ」の濁った音を表現しようとしましたが、恥ずかしいことに、最初は「あ」に濁点を付けるのはどうやったらいいのかわかりませんでした。
考えてみると、私はワープロを使い始めてもう25年になります。東芝「RUPO」や富士通「オアシス」、キヤノン「キヤノワード」などの初期の専用機も使いましたが、なんたって懐かしいのはPC-8801など8ビットパソコンにカセットテープに入った単漢字変換のワープロプログラムをロードして使っていた時代です。エプソンの7×9ドットのドットインパクトプリンタしか持っていなかったので、複雑な漢字は読めないことも多かったですね。
話が横道に逸れましたが、そのワープロを使い始めて25年になる私が、「あ゛」という文字を打とうと思ったのは初めてです。だって、使う必要がなかったですから…
使っているFEPは、当然MS-IMEです。最初は「あ”」(「あ」に続けて半角のダブルクオーテーションマーク)と打ってみました。何か違います。「ヴ」(ローマ字変換でVUと打つ)のような入力方法がないかと考えてみましたが、思いつきません(ひらがなに濁点なんてあるわけないですね)。しばらく考えた挙句に、「だくてん」と打って変換してみました。すると見事に「゛」が画面に出ました。うーん、濁点だけを打つ方法があったのですね。ついでに「はんだくてん」と打って変換したら「゜」が出ました。感激!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」という文字が打たれたこの文は、こうしたプロセスで書かれたものです。

Posted by ymmr at 10:50 AM | Comments (2) | TrackBack

June 08, 2004

渡辺さん、「拘束で苦痛」と国を相手に提訴

イラクへの違法な自衛隊派遣のために身柄を拘束され、苦痛を受けたとして、市民団体メンバー渡辺修孝さんが8日、国を相手に自衛隊派遣差し止めと慰謝料500万円の支払いなどを求める訴訟を東京地裁に起こした…というニュース
外務省が帰国の航空費用の一部として請求した約2万3千円(215米ドル)の支払い義務がないことの確認も求めた…って、やるなぁ(笑)
アタマに来る人、多いだろうなぁ…

渡辺修孝氏の活動に対する評価は別にしても、その根性は、匿名掲示板あたりでアカだの自己責任だのと非難していた「付和雷同型プチウヨク」の上を行ってることだけは確かです。
むろんこちらの方の反応も楽しみですが、こちらの方は、橋田氏への無条件賛美を続けています。彼が口を極めてその行動を非難していた安田氏あたりの行動と、絶賛する橋田氏の行動との違いは、いまひとつはっきりしませんなぁ。

Posted by ymmr at 05:54 PM | Comments (0) | TrackBack

一五一会

この「一五一会」という楽器が売れてる…って話、2月27日放送の2月27日放送のNHKにんげんドキュメント「弦よ響け〜手作りギター工房の挑戦〜 」でもやってましたよね。
私はヤイリギターは評価しますが、「一五一会」という妙な楽器には何の興味もありません。

それよりも「一五一会」というネーミング、臭っ! 「いかにも」って感じで、ああやだ…
廉価版のネーミングが「音来(にらい)」だって、ああいやだ…、気持ち悪過ぎ!

Posted by ymmr at 04:41 PM | Comments (0) | TrackBack

スパイダーマン

お前はスパイダーマンか…」というのは、なかなか当を得た発言。でも、「彼は感性豊か」と評価している。
「感性」って何だろう。今回の事件後、彼のサイトやBlog、環境イベントでの発言などを拾って読んでみたが、「愛」とか「自然との共生」とか「平和」とか、適当な言葉を安易に並べているだけで、思想的背景が非常に浅く、思索に深みがまったくない。環境問題や精神世界に関する発言、そして日本の政治状況などに関する意見は、論理性が欠けているだけでなく、彼の年齢から見ると非常に「幼稚」。こういうのを「感性」という言葉で表現するのは、まったくピンと来ない。彼の発言を読んだら、誰もが幼稚だと思うはずなのに、なぜ誰もそれを言わないのだろう。…まあ、どうでもいいけど。
ところで「俳優としての評価」は、私は知りません。

Posted by ymmr at 12:31 PM | Comments (0) | TrackBack

June 07, 2004

小泉純一郎婦女暴行事件

今さらのエントリーですが…
こちらこちらのソースを読む限り、ある程度の「事実」はあったのでしょう。
特にこちらの記事は、ニューヨーク市立大教授霍見芳浩氏が書いているものですから、一定の信憑性はあると考える方が自然です。
真実が知りたいと思うのは、私だけではないはず。

Posted by ymmr at 06:34 PM | Comments (0) | TrackBack

COMPUTEX TAIPEI の美女

こんな記事も楽しくてよいものです。
もっとたくさんの画像がこちらにありますよ。興味のある方はどうぞ。

Posted by ymmr at 04:21 PM | Comments (0) | TrackBack

労災障害等級

労災障害等級…人さし指の特別扱い70年ぶり見直し」…という記事、「ああそうか」という程度の内容ですが、この「労災障害等級」については、ちょっと嫌な思い出があります。
私は20代の頃に、バイクの事故でひどい骨折をして、大病院の整形外科病棟に長期間入院していました。この整形外科病棟には、あらゆる事故の患者が長期入院していましたが、その多くは労災認定の対象となる事故でした。私自身は早く怪我を治して社会復帰したいと願っていましたが、入院中に知り合った長期入院患者の中には、社会復帰の意欲を無くした人達がたくさんいました。治癒期になると、逆に「もっと長く入院していたい」と願うのです。労災だと基本的な入院費用が出るので、退院して社会復帰するよりも入院してゴロゴロしていた方が楽だからです。また、労災認定は等級によって一時金の額が違うため、より高い等級に認定してくれるように主治医に頼み込んでいる患者も多かったのです。特に年金が出る7級以上の認定を希望する人が多く、見ていて「見苦しい」と感じたものです。
労災の障害補償は必要な制度ですが、人間をダメにすることもあります。

Posted by ymmr at 04:16 PM | Comments (0) | TrackBack

June 05, 2004

少人数授業

「習熟度別」英数で有効 「2人教員」は効果なし…という、国立教育政策研究所が行った少人数授業に関する調査結果、当たり前でしょう。教師が何人いようとダメな授業はダメだし、逆に習熟度別集団ごとに授業内容を変えれば効果があるのは、調査をやるまでもなくわかることです。
結局のところ、「能力や学力に応じたクラス分け」、さらには「能力や学力に応じた学校分け」…がもっとも合理的な教育方法のはず。それをやらないのは、「悪しき平等主義」以外のなにものでもありません。
教育現場における「平等」の意味を、問い直す必要があります。

私なんか、小学校のときは1クラス50人でした。

Posted by ymmr at 12:10 PM | Comments (0) | TrackBack

June 04, 2004

事件再発防止に向けたプロジェクトチーム

長崎・小6女児殺害事件の波紋は、わけがわからない方向に拡大しているようです。
IT教育におけるモラル、マナーなどを考え、適切な情報活用能力が身につく教育をしないといけない」…とのことですが、「モラル、マナー」とIT教育とははっきり言って無関係です。実生活でマナーがある人間は、ITを利用しようとしまいとマナーがあるはずです。
第一、三菱自動車のリコール隠しや政治家の年金未納、年金の積立金でゴルフ道具を買う官僚など、モラルもマナーもない大人ばかりの社会のなかで、子供にモラルを教えようなんておこがましい話です。
いずれにしても、こんなくだらないプロジェクトチームに税金を遣わないで下さい。

Posted by ymmr at 06:05 PM | Comments (0) | TrackBack

June 03, 2004

さっきFMラジオ(J-WAVE)を聴いていたら…

いきなり「自民党幹事長の安倍晋三です…」で始まる自民党のCMが始まったので驚きました。
何でも6月6日(日)の14時33分から、自民党の青年局と青年部が47都道府県の主要箇所で一斉に街頭活動をするので参加して欲しい…という告知なのですが、この14時33分という半端な時刻は、「平成14年に帰国した北朝鮮による拉致被害者5人が、日本の地を踏み家族との再会を果たした時刻」なんだそうです。テーマは「北朝鮮による拉致問題の解決」と「イラク人道復興支援の推進」だそうですが、それにしても自民党も、えげつないほど「拉致事件と拉致被害者」を選挙のために徹底利用しますね。まあ、9.11テロ事件を大統領選のために徹底利用するブッシュと同じです。
この街頭活動なるものの告知が掲載されている自民党のホームページを見たら、自民党青年局というのは「45歳以下の若手国会議員のグループ」なんだそうです。45歳で青年…って、若い世代をバカにしてません?
この国は、まともに議論されない年金問題を見ればわかるように、「自分の世代のことしか考えない汚い老人」が好き勝手なことをやっていますが、それにに加えて「若者を装う汚い大人」までが出没しています。
本当の若い世代は、「反乱」を起こすべきでしょうね。でも、反乱どころか、みんなフリーターやってますね。それもいいかもしれません。フリーターやったり、定職に就かずに遊んで暮らして、税金も納めず、親の世代が貯めた資産を食い潰して、ついでにこの国を潰しちゃってください。それも立派な「革命」です。

Posted by ymmr at 06:50 PM | Comments (0) | TrackBack

車載用ブラックボックス

自動車に、フライトレコーダーのようなブラックボックス(こちらこちらを参照)の搭載が進んでいるなんてことは、確かにあまり知られていません。
アメリカでは既にかなり搭載例が多いとのことですが、今後自動車への装備が進む外部とのネットワーク機能と結びつくと、こちらの記事に書かれているような心配が現実のものとなりそうです。逆に、こちらの記事にあるように「物言えぬ被害者の“最後の味方”」という部分でのメリットも評価しなくてはなりません。
先日、やっと加害者のウソが認定されたこちらの事故のケースなどは、加害者の車にこうしたブラックボックスが装着してあれば、いち早く真実を知る助けになったはずですから…

Posted by ymmr at 03:44 PM | Comments (0) | TrackBack

June 02, 2004

カテキン

私は毎日ペットボトルのお茶を飲んでます。最近は「おーいお茶 濃い味」という、非常に苦い味の新製品が好きで毎日飲んでますが、ボトルにはデカデカと「天然カテキン400mg」と書かれています。
いつの頃からか、メーカーを問わずお茶系飲料には必ず「カテキン含有量」が大書されるようになりました。「カテキン式」のヒットも続いているようです。
…で、私はいまだに「カテキンとは何か」「どうして体にいいのか」を知りません。そこでこちらこちらこちらを読んで勉強してみました。
でもやっぱり、カテキンを摂取するとなぜ体によいのか…は、よくわかりません。
カテキン、うざい!

Posted by ymmr at 03:28 PM | Comments (0) | TrackBack

RSSリーダーを使いこなせ!

今さら…ですが、Blog利用者にはこちらの記事は参考になります。

Posted by ymmr at 03:13 PM | Comments (0) | TrackBack

June 01, 2004

音楽有料ダウンロードの歴史

音楽配信サービスが歩んできた歴史と変遷を確認し、現状から未来像を考える…という記事ですが、こちらも併せて、面白く読みました。
ただ、「IE+無償配布のプレーヤーソフト」がデファクトスタンダードになる…というのはちょっと勘弁して欲しい。音楽分野までMicrosoftが独占的な地位を占めるとなると、かなりしらけます。
50ドルのiPod対抗プレーヤーは期待してますけど…

Posted by ymmr at 07:17 PM | Comments (0) | TrackBack

光で文字を描き、振ってゲームを楽しむ携帯

ノキア3220」…です。
実際に端末を振って、空中で文字を描いているところの動画はこちらです。
私は、この「1列に並べたLEDを点滅させ、それを振って空中に文字や絵を描く」という器具が大好きです。この手の商品は、おもちゃやディスプレイ用品など、昔からたくさんあります。空港などでは、飛行機誘導用の実用ライトとして使われてもいます。また、同じ原理で、成田空港へ向かう京成線のトンネルの中に、高速で移動する電車の窓から見える広告パネルが設置されていたこともあります。
で、この原理を使って、「自分が首を振って」文字や絵を見る…という広告が渋谷に設置されたことがあります。あれはよかったですね。

Posted by ymmr at 03:44 PM | Comments (0) | TrackBack