Archives
Recent Entries
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

May 31, 2004

長嶋さんの魅力を学問的に分析

「長嶋学」創設を目指している千葉大教育学部教育社会学研究室の明石要一教授…って、何だコレ?
小中高校生に、「長嶋監督が総理大臣ならどんな国になるか」って質問だって?
「大学」って、こんなくだらないことをやるところなんでしょうか?
しかも、国立大学(独立行政法人)だから、税金遣ってやってるわけですね。
バカにしてる。やめさせろ。

ちなみに私は、長嶋って人は「まともな日本語を喋ることができない、かわいそうなお笑いタレント」…という認識です。

Posted by ymmr at 11:21 PM | Comments (0) | TrackBack

OCNトラブル

オフィスのOCNが、今日の15時過ぎから不通。
復旧の見込みも立たず、仕事にならないので、帰宅しました。
通信障害状況によると、NTTComの大手町ビルにおける電源設備の故障…とのこと。
2chのプロバイダスレによると、東京を中心に関東の広範囲な地域で、ADSL、IP8、IP16が不通らしいですね。今回のトラブルはかなり大規模です。

Posted by ymmr at 06:33 PM | Comments (0) | TrackBack

May 29, 2004

1TB(テラバイト)

HDDの大容量化によって、もう1年ほど間から個人ユースのPCでも「テラバイト」は現実的な単位となっていましたが、実際に4台のHDDを同時に使うとなると設定は面倒です。
そこで、最大4台のHDDを内蔵して1ドライブとして認識させることも可能なUSB 2.0/IEEE 1394接続のアルミ製外付けHDDケース「グッドフェイスQuat」。メーカーサイト(センチュリー)はこちら。
10万円以下で、簡単に1TBドライブを構築できるとなれば、やってみようという気にもなります。
もっとも、当面1TBの使い途はないですけど…。Winny無き後の現在、とりあえずはHDD録画用でしょうね。

Posted by ymmr at 02:01 PM | Comments (0) | TrackBack

May 28, 2004

イギリスでここ10年で最もセクシーな女

あいかわらずこのサイトのネタはいいですね。
全部の写真を見比べて見ましたが、特にピンと来る女性はいませんでした。

そういえば、5月25日の「スイカップを揉みしだかれる」という画像も衝撃的でした。
「…TBSは古瀬アナを、巨乳のオモチャとしていじり倒して短期的に視聴率を稼ぎ、あとはポイする方針を固めたみたい…」とありましたが、オモチャにする方針を固めたのはTBSではなく、久米宏のNステ降板で大幅に稼ぎが減った オフィス・トゥー・ワンでしょう。
私、古瀬アナのキャラ、けっこう好きです。

Posted by ymmr at 06:35 PM | Comments (0) | TrackBack

iPod対抗プレーヤーは50ドル

Microsoftは、同社のサービスに対応した携帯音楽プレーヤーがApple Computerの「iPod」よりも80%安い価格で売りに出されると明らかにした…というニュース
はっきり言って、妥当な話です。MP3プレヤー無しでは生きられない私ですが、「あざとい」iPODだけは絶対に購入したくありません。シリコンプレヤーなら、50ドルは十分に妥当な値段。ただし、MP3だけはサポートしてください。

Posted by ymmr at 03:01 PM | Comments (0) | TrackBack

顔移植

いや、「組織や血管ごと顔を移植する」なんてことが、技術的に出きるんですね。驚きました。
これまでにも、「別人になる」ために悪用されたケースもあったかもしれない…という憶測は、誰もが頭をよぎるでしょう。

Posted by ymmr at 02:09 PM | Comments (0) | TrackBack

May 27, 2004

タカラから「だめんず・うぉ〜か〜♀、♂」発売

ダメ男、ダメ女判定機です。
人間の感性を学習する最新人工知能技術が使用されている…そうですが、たいしたアルゴリズムじゃなさそうな予感。商品企画としては、バウリンガルの方が数段上でしょう。

Posted by ymmr at 07:49 PM | Comments (0) | TrackBack

英ダイソン社の小型掃除機

モーターには自己診断機能を備え、掃除機本体に電話の受話器を近づけるだけで、掃除機の故障・修理履歴などがダイソンのコールセンターに送られる機能も持つ…という「ダイソンデジタルモーター」なるものの機能の有効性についての評価は不明ですが、まあ性能はともかく、このデザインはかなりユニークです。
知人に「掃除機マニア」がいるので、教えてあげました。

Posted by ymmr at 03:49 PM | Comments (0) | TrackBack

自衛隊応援アイドル

かつてないアーミー系セクシーアイドルユニットの誕生…です。
メンバーの名前も、それぞれ陸上、海上、航空の各隊から取った「陸、海、空」。マキシシングルに収録された3曲「虹の翼」「匍匐(ほふく)前進」「ONE WORLD」の中には「戦闘服、奇襲攻撃、完全包囲」などの言葉が並ぶ…そうです。
公式HPもあります。

私は面白いと思うんですが、共産党とか旧社会党とか、古いサヨク系のオジサンあたりが眉を顰めそうですね。

Posted by ymmr at 03:28 PM | Comments (0) | TrackBack

May 26, 2004

玄関が開くと子機を一斉に鳴らすFAX

見出しを読んだときには、意味がよくわかりませんでした。
この製品です。
それにしても、シャープはなぜ「FAXに玄関用センサーをつける」ことを思いついたのでしょうか?
こんな商品が成り立つのなら、別に「電気炊飯器+玄関用センサー」があってもいいはずですよね。
ああ、そうか…、FAXなら子機が各部屋にあって、各部屋に報知できますからね。
でもやっぱり、あまり必然性の無い機能の組み合わせだと思うのは、私だけでしょうか?

Posted by ymmr at 07:37 PM | Comments (0) | TrackBack

ブログ間の情報伝達をリアルタイムに追跡

ウェブログの世界は、一見ぱっとしないアイディアを即座に話題の最前線へと押し上げる、不思議な能力を備えている…って、別にブログに限った話じゃありません。
なんだか、意味があるようで意味のない実験です。
この手の実験を含めて、ネットコミュニケーションの動向分析を「専門の学問」としちゃう動きは強く、日本の大学なんかでも「コミュニケーション学」の1分野として認知されつつあるようです。
まあ、こんなことやってメシが食える「学者」ってのはいい商売ですね。

Posted by ymmr at 05:03 PM | Comments (0) | TrackBack

May 25, 2004

渡辺さん、イラク支援活動再開へ

イラクで武装勢力に拉致された非政府組織(NGO)メンバー渡辺修孝さん(36)が25日、東京都内で開かれた市民団体の会合で「ようやくパスポートが再発行された。イラクに行き支援活動を続けたい」と活動を再開する考えを明らかにした…というニュース

いや、このニュースを聞いて頭に血が上る人もたくさんいるでしょう。
こちらの方あたりが、どんなコメントを出すのか、見守りたいですね。

Posted by ymmr at 07:25 PM | Comments (0) | TrackBack

絶対評価の学校間格差、最大45倍

高校入試の調査書に影響する成績評価が、絶対評価の導入で甘くなる「バブル」の一端が浮かび上がった…というニュース

絶対評価の結果で「高校入試という名の相対評価」が行われる…のだから、このバカバカしさに誰か気付いて欲しいですね。
他者比較すること、他者と比較されること…は、人生の本質です。

Posted by ymmr at 11:36 AM | Comments (0) | TrackBack

May 24, 2004

金メダリストの“卵”発掘

国立スポーツ科学センター(東京・北区)が、一流スポーツ選手に共通する遺伝子の探索に乗り出す…という記事
学習能力、音楽の能力など、様々な能力について遺伝子を探索し、エリート教育を進めることに賛同します。人間の能力に遺伝が大きく関与していることは自明であり、「プライバシー侵害や差別につながる懸念」なんて別にないと思いますが…

Posted by ymmr at 04:53 PM | Comments (0) | TrackBack

May 22, 2004

迷走する“著作権”

迷走する“著作権”――そして“共有”…という名和小太郎氏の論考。
「ただし、著作権侵害を蔓延させるためにWinnyを開発したという言い方は法治国家の市民としてはよろしくない。方法が拙劣であった。そんなことは何も言わないで、Winnyは著作権法に対する批判を表現したプログラム著作物であり、著作物であれば当然のこととして言論であり、そのような言論を抑圧するのは表現の自由に反すると主張すればよかった」

…確かにその通りです。
ただ、金子氏が「著作権侵害を蔓延させるためにWinnyを開発した」…などと供述しているとは思えませんが…

Posted by ymmr at 12:37 PM | Comments (0) | TrackBack

May 21, 2004

Ship of Fools

このニュースを読んで、Church of Foolsへ行ってみました。
3DCGで構成されたバーチャル教会の中を歩き回れます。自分の画像は「透明人間」のようで、不思議。かなり面白い体験です。

…もっとも、宗教に興味のない私にとって、ニュース自体はくだらないですけど。
救われたい方はどうぞ。

Posted by ymmr at 06:23 PM | Comments (0) | TrackBack

10日以上経ちました…

Winny開発者・金子勇氏逮捕から既に約10日間が経過し、もっとも早く反応したWeb上のコミュニティ以外に、TVニュース、ワイドショー、新聞、週刊誌など、いわゆるマスコミからの反応が一通り出揃いました。予想通りですが、Web以外のメディアの報道はどれもひどいものです。大手メディアで、WinnyというP2P型ファイル共有ソフトの機能と、それがネット社会に与える影響ついて、まともに説明・議論している例はまったくないし、現行著作権法の問題をまともに問いかけている」記事や番組の例もまったくありません。唯一、Webニュースからもリンクされていた京都新聞()が、ローレンス・レッシグ教授が提唱する「クリエイティブ・コモンズ」に触れているのだけが印象的でした。

大手メディアがまともに著作権問題を取り上げないのは、考えてみれば当然です、TV局も大手新聞社も大手出版社も「現行の著作権法で利益を得る側」だからです。結局マスコミに、「Winny問題に関する正しい報道」を期待することはできないわけです。比較的左寄りの論調で売るAERAあたりは、逮捕の不当性を多少なりとも問題視する中でWinnyのメリットとして「検閲からの自由」を挙げていましたが、これまた古いサヨク的な発想で、Winny問題の本質とは少しズレています。…というよりも、オジサン記者連中の多くがWinnyというソフトの本質を理解できないのでしょう。
しかし、実を言えば、金子勇氏逮捕という事実が持つ影響は、この程度の報道で済む問題ではなく、ある意味では年金問題なんかよりもはるかに大きいはずです。Winny問題の本質は、「文化的で住みよい社会が実現するかどうか」…です。前述したローレンス・レッシグ教授の主張「lessig_[free_culture]_japanese_1.1.swf」は既に各所で取り上げられていますが、遅ればせながら私もあらためてリンクしておきます。やはり私は、「窮屈な社会」が嫌いです。別に「サヨク」ではありませんが、「大企業の利益よりも個人の自由を重んじる社会」の方が快適に生活できます。
こうなるとWinny問題に関して「事の本質」を正しく伝える役割は、ネットコミュニティが担う以外にありません。

Posted by ymmr at 03:36 PM | Comments (0) | TrackBack

May 20, 2004

Winnyに“新バージョン”が登場

開発者不在のWinnyに“新バージョン”が登場…しました。金子氏ではない、第三者が開発、「通信暗号を二重化して外から復号を難しくするためのパッチ」が含まれている…とのことです。
「Winny開発の火」を消さないで欲しいものです。

Winny作者とアインシュタインの違いは何か?…という、国立医薬品食品衛生研究所の増井徹氏の論考。
「Winny開発者と科学者はどこが違ったのか?」。この問いに答えるため、増井氏は「何人も最終的発言権を持たない」「何人も個人的権威を持たない」という科学の在り様を定義する2つの枠組みを示した。簡単に言うと「私が言うのだから正しい」というのは非科学的だ…と述べています。
金子氏は、けっしてこの枠組みから逸脱していなかった用に思います。逆に、周囲の人々、特に既存の「権威ある学会の人々」の方が金子氏についていけず、結果的に彼を「孤高の人」にさせたことを反省すべきでしょう。

こちらが金子勇氏支援サイトです。

Posted by ymmr at 06:53 PM | Comments (0) | TrackBack

May 19, 2004

中流育ちの新世代テロリスト

かつて日本に潜伏していたというアルカイダのメンバーは、中流家庭で育ちながら、イスラム原理主義に傾斜した「第2世代」と呼ばれるテロリスト…だそうです。

そんな話はともかく、「アルカイダ」って実在する組織なんでしょうか。
また、アルカイダもビンラディンも実在するとしても、本当にそんなすごい国際的なテロ集団なのでしょうか。
考えて見ると、9.11以後にアメリカが急に「アルカイダ、アルカイダ…」と騒ぎ出したわけですが、アメリカ政府が流す情報以外に、アルカイダの「実在」を確認した人の話って、あまり聞きません。
昨今の国際政治関連のニュースは、もう何が本当で何がウソなのか、さっぱりわかりません。

Posted by ymmr at 07:09 PM | Comments (0) | TrackBack

あなたのことをベタ褒めします

ソーシャルネットワークで「あなたのことをベタ褒めします」 という「やじうまWatch」の報告。いやぁ、オークションの出品物も多様化していますね。
ソーシャルネットワークってやつ、バカバカしくて私は個人的にはまったく参加する気はないし、参加する意味も感じないのですが、「ビジネスとしての面白さ」ゆえの興味はあります。結局のところ、こういう「場」で、「社会との関係」や「アイデンティティ」を確認したい人って多いんでしょう。

Posted by ymmr at 04:53 PM | Comments (0) | TrackBack

May 18, 2004

デュアルマザーボード用PCケース

既にあちこちで紹介されていますが、やっぱり興味は尽きません。
アルファデータの「AD-FDB2」です。
何に使う…という用途は思いつかないのですが、使ってみたい。
問題は価格です。34,400円は、ちょっと高過ぎます。

Posted by ymmr at 05:08 PM | Comments (1) | TrackBack

性転換選手の五輪参加

性別適合(性転換)手術を受けたスポーツ選手が五輪に参加できることになった…というニュース
なんとなく違和感があります。

昨今、ジェンダーフリー教育への反動が強くなってきていますが、私も実は「ジェンダーフリー」という言葉に対して、ある種の違和感を拭い去れません。
女性を差別のくびきから開放するための「ジェンダー・フリー」の基本的な考えには賛成ですが、かといって、ある部分での男女の性差はきちんと認めるべきです。例えば、ミスコンテンストやグラビアアイドルに代表される「異性に対するセックスアピール」は、生き方としてもビジネスとしても正当なものです。また、高野山が女人禁制であることは、文化として認めるべきでしょう。

だからといって、この手の典型的な「アンチ・ジェンダーフリー論」とは立場を同じくしません。この胡散臭い文章の根底には、一見「公平を装い」ながらも明らかに女性差別の匂いが感じられます。
「良妻賢母思想」のもとに、女性が自由な社会進出を抑圧され、正統に能力を認められてこなかったことは、洋の東西を問わず歴史的事実です。

Posted by ymmr at 03:38 PM | Comments (0) | TrackBack

虐殺

現在ガザで起こっていること
大規模な兵力で包囲し、住居を破壊し、圧倒的な武力で攻撃すること。
これを「虐殺」とは呼ばないのでしょうか?

ラファはパレスチナ人に生き地獄…という国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の担当者のコメントです。

●依然として攻撃は続いています。軍戦車の砲弾によりデモに参加していた子どもを含むパレスチナ人が死亡…しました。

Posted by ymmr at 03:24 PM | Comments (0) | TrackBack

May 17, 2004

虫を食べるイベント

アメリカ自然史博物館で虫を食べるイベント開催…というニュース、興味深いですね。私は遠慮しますが。

それにしてもこのニュースの最後の方に書かれている「米食品医薬品局(FDA)は、チョコレート100グラムに対して60個までの虫の破片が混入することを許容している」という部分には、驚きました。日本の食品衛生法では、「虫の混入」に関する規定はどうなっているのでしょうか?

 「アメリカ自然史博物館」は、1980年代にニューヨークに住んでいたときに何度も行きました。当時の目的は、「暇つぶし」でした。だだっ広くて、最近はどうだか知りませんが、当時はいつも人がいなくて、半日ぐらいはボンヤリしていられましたね。当時、日本の博物館はジオラマによる展示をほとんど見かけなかったので、大規模なジオラマが新鮮でした。
そういえば、プラネタリウムで「ピンクフロイド・プラネタリウムコンサート」を見たのも、ここですね。
その後、自然史博物館が舞台になっている扶桑社ミステリーの「地底大戦 レリック」や「レリック 2」を読んでから再度行ってみたいと思っているのですが、1990年代の後半以降何度もマンハッタンを訪れながら、何故か自然史博物館には行ってません。

Posted by ymmr at 06:34 PM | Comments (0) | TrackBack

中絶反対派の象徴女性を聖人に

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世は16日、自分の命を犠牲にして子供を産んだイタリア人女性を聖人に列した…というニュース
こういうニュースを読むと、ローマカトリックもオウムも創価学会もみんな一緒だって思います。
…ああ、コメントに他意はありません。単なる"感想"です。

Posted by ymmr at 05:41 PM | Comments (1) | TrackBack

May 16, 2004

米東部で「17年ゼミ」の羽化が始まる

6月末にかけて数十億匹が羽化する…そうです。
アメリカの周期ゼミの部屋」というページ勉強になりました。
トップページは「セミの家」というサイトなんですが、これがまたマニアックでいいサイトですね。

Posted by ymmr at 09:39 PM | Comments (0) | TrackBack

けなげな山田まりや

山田まりや(24)の音信不通だった父・山田祐次氏が突如マスコミの前に姿を現し、娘との再会を訴えている…というニュース

…まりやは10年ほど前、この父の家庭内暴力に耐えかね、母と弟を連れ家を飛び出した経緯がある。以来、父とは一度も会わず、入学した高校もすぐに退学し、病弱な母に代わって一家の生活費を一人で稼いできた。
…まりやの10年は涙なくしては語れない。ボロアパートに母子3人が肩を寄せ合う生活。16歳で芸能界に飛び出す際は、お金のためにはタレントか風俗嬢か本気で悩んだほどだ。給料が入ると、すぐに積立預金も始めた。

いや、こんな記事を引用したからって、山田まりやのファンってわけじゃないんですが…
この手の話が好きってわけでもないんですが…
でも、やっぱり好きな話かも…

Posted by ymmr at 12:15 AM | Comments (0) | TrackBack

May 14, 2004

CDやDVDの寿命は意外に短い?

こちらの記事によると、CDやDVDの寿命を最大限に延ばすには、
「ディスクは垂直に立てて保存し、手に取るときは縁だけを持つべきだ。ラベルは貼ってはいけない。CD-Rに字を書くときは、水性やアルコールインクの柔らかいペンだけを使う。また、ワインと同じように、涼しくて乾燥した場所に保存することも大事」…とのことです。
いつもCD-Rを、デスクの周りに放り出しておく私には、気になる記事でした。

CDの製造工程DVDの製造工程を確認しましょう。
寿命についてはこちらこちらあたりが参考になりそうです。

Posted by ymmr at 06:41 PM | Comments (0) | TrackBack

「AH-K3001V」、売り切れ続出

DDIポケット向けの京セラ製端末「AH-K3001V」が14日、発売となった。久しぶりの音声端末の投入でもあり、販売は好調。特にシルバーの人気が高く、都内量販店などでは事前予約なしでは購入できない状況…というニュース

こちらの記事を読めばわかるとおり、この端末は「ネット接続機能付きPDA」といった方が正確でしょう。
「AirH"PHONE」は、POP3メールの設定ができる点で、もともと非常に魅力あるものでしたが、この端末はOpera 搭載、しかもSSL2.0/3.0、Cookie、JavaScriptへの対応、そして2.2インチQVGAのTFT液晶搭載によって、ネットブラウジングに関しては下手なPDAを完全に凌駕します。
とりあえず私も購入する予定です。

Posted by ymmr at 05:28 PM | Comments (0) | TrackBack

フォトマスター

通信教育事業の財団法人国際文化カレッジ(東京)は13日、日本初の写真とカメラの実用知識検定制度「フォトマスター」を始める、と発表した。同カレッジが運営と資金管理を行い、オリンパスや富士写真フイルムなどが協賛する…というニュース

1級が受験資格となるEXは、コンクールなどの受賞歴や撮影した写真、小論文で合否を判定…って、何か嫌ですね。でも、写真コンクールが大好きなマニア連中のメンタリティを、うまくくすぐってるかも。
写真愛好家団体に属するオジサンたちは、この資格に飛びつくんでしょうね。
お互い「フォトマスター○級」なんて書いた名刺を交換したりして。
ああ、嫌だ…


公式サイトができてます。

Posted by ymmr at 11:32 AM | Comments (0) | TrackBack

May 13, 2004

10万ウォン新紙幣のモデル

17代国会の女性議員らは柳寛順(ユ・グァンスン)烈士を新紙幣モデルに最も相応しい女性人物に挙げたというアンケート結果が発表された…という朝鮮日報の記事
柳寛順は韓国のジャンヌダルク」と呼ばれている英雄です。
「冬ソナ」をはじめ、韓国ブームの中で韓国を訪問する人も増えていますが、柳寛順について知っておくのも悪くありません。生家も見学できます。
彼女の生涯については、こちらの資料(前編後編)あたりを参照。

Posted by ymmr at 05:00 PM | Comments (0) | TrackBack

ジョンベネちゃんの父が出馬

なんだかなぁ…
米コロラド州で1996年12月に娘のジョンベネ・ラムジちゃん=当時(6つ)=を殺害され、米メディアから犯人扱いされた父親のジョンさん(60)が11日、ミシガン州の州下院議員選への出馬を明らかにした…というニュース。
こちらのサイトを見て、いろいろ思い出しました。

Posted by ymmr at 02:25 PM | Comments (2) | TrackBack

May 12, 2004

斬首映像

ネタ元はこちらのサイト
むろん、このニュース自体は、朝のTVのニュース番組で見て知っていましたが…

で、映像を見ました。音声を消して…
本当に見る必要があったのかどうか、自分でもわかりません。
リンクしてよかったのかどうかも、いまひとつ判断できません。

ただ、おそらく本物の映像でしょうし、それが「戦争の現実」なのでしょう。

Posted by ymmr at 04:34 PM | Comments (0) | TrackBack

May 11, 2004

ドコモ、「premini」を発表

かつて軽量のストレート端末を愛用していたユーザーの多くが、待ち望んだ小型軽量端末「premini」です。900iシリーズの発表時に、どれにも似たような端末を前に「とんがったコンセプト」などと自慢するドコモの幹部の姿を見て、「アホらしい」と思っていました。
こういう機種の登場、2つ折り以外の多様なコンセプトの端末への展開を、どれだけ待ち続けたことか…
むろん、この機種だけで終わって欲しくはありません。実際にこの「premini」のデザインは、多少くどいし、ある種のユーザ層の受けを狙った「あざとさ」も感じます。
もっと、けれん味のないデザインの、シンプルな機種も欲しい。
欧州やアジアを旅行する度に、小型機種が多くデザインも多彩なGSM端末をうらやましく思ってきました。今後の展開に期待しましょう。

Posted by ymmr at 02:38 PM | Comments (0) | TrackBack

Winny作者逮捕の波紋

さてWinny作者逮捕から一夜明けて、一般の方からIT評論家、ライターなど様々な方がネット上でコメントを寄せています。その中では、デジタルコピー時代における新しい著作権の概念確立の必要性…について述べているものが目立ちます。私が読んだ中で、非常に優れた論評として、「弾圧されつつあるダムネットワークという思想」という一文を挙げておきます。あと、東浩紀氏のBlogでのコメントも興味深いので紹介しておきます。

本件に関して、私の基本的な考えは変わりません。Winnyというのは非常に優秀なネットコミュニケーション機能を持つP2Pソフトであり、Winnyの是非は「ネットコミュニケーションにおけるWinnyの有効性」という視点からのみ評価されるべきだ…というものです。
今回の「違法コピー幇助容疑」による逮捕を見ていると、「実は逮捕した側にとっても著作権問題は口実に過ぎない」のかも…などと考えたりもします。Winnyが持つ優れた匿名コミュニケーション機能、加えてP2Pというコミュニケーション形態が、本質的に情報の「監視・管理」を拒絶する存在であるからです。情報社会にあって「権力の維持」にもっとも必要なものは、「情報の占有」と「情報流通の管理」であることは確かです。
Winnyが「著作権のある音楽や映像の流通」に使われていること自体は、著作権者にとって大きな損失ではあれ、国家や権力者にとってさほど大事なことではないかもしれません。しかしWinnyのような、またはもっと匿名性の高いソフトを使ったP2Pネットワークが、「人に知られたくない情報やデータの流通」に広範囲に使われると、ある立場の人々や組織は、その権力基盤を脅かされることになります。要するに、「情報の流通を監視し管理することができなくなる…ことを恐れている」人々がどこかにいるのではないか…という話です。

今回の逮捕の目的が、現行のWinnyコミュニティを壊滅させるためではなく、「ソフトや人的ネットワークを含めたWinny的なもの全て」に向けられたものであれば、そんな恐ろしい話はありません。いずれにしても、コミュニケーションツール、しかも非常に優れた機能を持つP2Pコミュニケーションツールを開発した人間が逮捕される…ということは、ある種の非常事態とも考えています。

●参考になる論説

連載【IT奔流 ネットの表裏】(1)winny 危険の連鎖…という読売新聞」の特集記事を読みました。

それにしても、「わけわからん記事」です。Winnyを平然と「違法ソフト」と書く記者の感覚は完全におかしい(別にWinnyは違法ソフトではありません)し、Winnyというソフトの本質を開設する上でも、何の役にも立たない記事です。
「実は、このウィニーが今年3月以降に発覚した公的文書のネット流出の誘因にもなっていた」…として、「京都府警や北海道警の捜査報告書、同府警の指名手配書や鑑定嘱託書、高知市消防局の火災報告書、陸上自衛隊の隊員名簿などがネット上で次々とコピーされ、2度と回収できない深刻な事態を招いたのだ。原因は、警察官らが、ウィニーをインストールした私物のパソコンを仕事に使い、そのパソコンがウィニー利用者だけに広まるウイルス『Antinny』に感染したことだった。」…と、あたかもWinnyが危険なウィルスを媒介する元凶のよう書くことで、Winnyに対するイメージを誘導しています。
しかし、「インストールすることで情報が流出する危険を持つ」ソフトを「危険なソフト」と言うのなら、もっとも危険なソフトは「Windows」ですよね、記者さん…
Winnyについて解説的・啓蒙的な記事を書くのなら、まずもってP2PソフトとしてWinnyの持つ高度な機能を正確に解説して欲しいものです。まだ先に続くようですから、今後の記事の展開を見守りましょう。

●「著作権」についての現時点での私の考えは、こちらに書いておきました。

Posted by ymmr at 11:14 AM | Comments (2) | TrackBack

May 10, 2004

マイクロプロセサ搭載のランニング・シューズ

アディダス ジャパンは5月7日、走行スピードや路面の固さから、クッションの柔軟性を自動調節するランニング・シューズ「adidas 1(アディダス ワン)」を開発したと発表

これ、すごくイイ! 欲しい!

Posted by ymmr at 02:16 PM | Comments (0) | TrackBack

Winny開発者を逮捕へ…

 「Winnyの開発者逮捕」の動きを見せている京都府警ハイテク犯罪対策室と五条署に対して、強く抗議します。これはおそらく、先日「週刊文春」が出版差止め命令」を受けた一件と同等の意味を持つ重大な問題です。
 そして、こちらの新聞記事にある、「…社会的に有益な通信形態の開発は、一方で、悪用される危険を常にはらんでいる。ネット社会で責任を取る主体は誰なのか…」に対する答は「個人」であるべきだと考えています。

 いまさらWinnyの機能について説明するまでもないでしょうが、まだ使ってみたことがない方は、とりあえずこちらのサイトあたりを参照してください。
 Winnyは非常に優れたP2Pソフト…と認識しています。上記新聞記事の言葉を借りれば「社会的に有益な通信形態」を提供してくれるソフトです。効率のよいP2P通信機能と高い匿名性は、ともにネットコミュニケーションを高度化する上できわめて重要な要素です。

 かつて私は、「グヌーテラでいこう」という本の前書きに、こんなことを書きました。「…本書では“音楽データファイルの共有ソフト”としてグヌーテラを取り上げるのではない。“インターネット上で、個人の持つファイルを自由に検索し交換できる汎用的なファイル共有の仕組みを作るソフト”…として紹介するのである。さらに、グヌーテラは優れた情報公開ツールであり、Webサイト公開とは異なる簡単な作業で世界に向けて情報の発信ができる。そして、グヌーテラは特定の仲間とプライベートネットワークを構築して、LANのようなファイル共有システムを実現する。グヌーテラは、現行のインターネット上の情報の流れやサービスの形態を根本的に変えるかもしれない、無限の可能性を持つソフトである。この優れたピア・ツー・ピア型ネットワーク構築機能を持つグヌーテラというソフトを、ぜひとも多くのパソコンユーザーに使ってもらいたい…」

 グヌーテラが登場したときの衝撃を忘れることはできません。そしてWinnyには、グヌーテラ以上に「新しい形のネットコミュニケーション」を作り出す可能性を持つ機能が備わっています。そのWinnyの作者を逮捕しようとしていることに対して強く抗議するとともに、ネット上の「通信の自由」や「表現の自由」に対する昨今の警察・司法のスタンスに大きな危惧を覚えます。

逮捕記事出ました。

ファイル交換ソフトの開発者が逮捕されるのは国内初で、世界的にも異例という記事です。

弁護士のコメントです。

「P2Pイコール悪」に懸念…私も同じです。

Posted by ymmr at 10:39 AM | Comments (2) | TrackBack

May 08, 2004

オキテ破りの増設ポート

イーレッツ「Be Silent MS6000」…です。
「背面にIDEポートを装備したPC」というのは、実によいアイデア。
HDDをIDEに接続してバックアップをとったり、いつもやってますから…
それがいちいち筐体を開けなくても出来るなら、すごく便利。
なぜ今まで商品化されなかったのか、不思議なくらいです。
こういう省スペースPCだけでなく、全てのPCの背面にIDEポートを!

考えてみれば、マザーボードの空きIDEポートに長めのIDEケーブルを挿しておき、ケーブルの端を背面のPCIの空きスロットから出しておけばよいわけですね…

Posted by ymmr at 11:17 AM | Comments (0) | TrackBack

May 07, 2004

動物愛護運動家

ブリジット・バルドーが、イスラム教徒への差別言動で訴追され、6日、パリ軽罪裁判所で陳述台に立った…というニュース
犬や猫の権利は大切だが、イスラム教徒が死のうが生きようが構わない…って人なんですね。
こういう人、欧米人にはたくさんいるんだろうなぁ…

Posted by ymmr at 07:20 PM | Comments (0) | TrackBack

「マーズ・バー」を1万本、まとめ買い

ウールワースのロンドン北部にある支店で、運転手付きのリムジンで訪れてきた女性が、チョコレートの「マーズ・バー」を、計「1万656本」まとめ買いする一幕があった…というニュース
マーズ・バー(MARS BARS)については、メーカー公式サイトはこちらこちらのサイトも参考に。

Posted by ymmr at 10:53 AM | Comments (0) | TrackBack

May 06, 2004

頭部に釘6本

頭と首と顔に約9センチのくぎが6本刺さった 状態で病院に運ばれ、助かったそうです。
それにしても、痛いレントゲン画像ですね。

Posted by ymmr at 12:28 PM | Comments (0) | TrackBack

ノアの箱舟

「トルコ東部アララト山の山腹に横たわる巨大な構造物を調査するため、7月に米国とトルコの共同探検チームが出発する」というニュース
ノアの箱舟なんて、あるわけねえだろ!

Posted by ymmr at 12:24 PM | Comments (0) | TrackBack

May 05, 2004

イラク人捕虜虐待

2003年3月にブッシュ大統領がイラク国民に向けて行った演説です。
ここでブッシュは、イラク国民に向けて、
「…欺まんと残虐の数十年は終わった。…自由なイラクは、近隣諸国に対する侵略戦争を行うこともなく、毒物を製造する工場もなく、反体制派の処刑もなく、拷問も虐待もない。圧制者はまもなくいなくなる。あなたたちが開放される日は近い」
…なんて、戯言を言ってます。

それにしてもこの写真はひどいなぁ。

さらに、こんな女性兵士の証言も…

Posted by ymmr at 01:05 PM | Comments (0) | TrackBack