Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

August 09, 2004

美術品返せ

「美術品返せ」、ギリシャが五輪で訴え…という記事は、実にタイミングのよい優れた記事です。
パルテノン神殿から運び出した大英博物館の「エルジン・マーブルズ」について、「…エルジン卿はオスマントルコの許可を得て英国に持ち帰った」などと主張しているのは笑止の限り。何がオスマン朝だ…
まあ、考えて見れば記事にあるとおり、「…起源国の主張通り美術品が返還されたら、ルーブル美術館、大英博物館、メトリポリタン博物館は空っぽ」…になります。でも、仕方ないでしょう。特にルーブルと大英博物館は、「略奪物の宝庫」ですから。どう考えても、サモトラケのニケやミロのビーナスがルーブルにあるのはおかしいし、ロゼッタストーンが大英博物館にあるのもおかしい。
今回のオリンピックでは、ぜひともギリシャは積極的に返還を主張すべきでしょう。

Posted by ymmr at August 9, 2004 04:35 PM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?