Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

June 23, 2004

イラク武装勢力、金鮮一さんを斬首

非常に残念なニュースです。韓国系のソースを読みまくりましたが、金鮮一さんの悲痛な姿と救出を訴える家族の姿が繰り返し放送された後だけに、国民と政府の混乱、そしてやりきれない思いが伝わってきます。殺害を確認して悲嘆にくれる家族の姿は、韓国のTVで繰り返し放送されています。

…日本人人質の場合、イラク国民に友好的な活動を展開していたジャーナリストかボランティアだったのに比べ、金さんは米軍部隊に食料を納品する会社の職員だったという点も、釈放交渉に不利な条件として作用したと推定されている…という韓国マスコミの分析は正しいでしょう。

…韓国政府、軍ともに派兵計画を履行を表明していますが、人質殺害で、派兵反対論が韓国で強まるのは必至。イラク政策で米国に最大限の協力姿勢を示してきた盧武鉉政権を揺るがす可能性…は十分にあります。

…イラクの武装グループが金鮮一(キム・ソンイル)さんを無惨に殺害したというニュースが報じられると、国防部のホームページには復讐を呼び掛ける書き込みが殺到した。特に、一部ネチズンは極度の興奮状態で、テロリストだけでなく、イラク全体に対する怒りを露にしている…という一部韓国国民の反応にも留意する必要があります。

いずれにしても、今後はアメリカに協力する多くの国が、「究極の選択」を迫られることになります。日本も、後戻りが可能なうちに議論を深め、再度イラク問題についての国民的なコンセンサスを形成・確認する必要があるでしょう。サマワのオランダ軍の撤退決定は、確実に自衛隊を厳しい立場に追い込みます。

…さすがに、このニュースに対しては「常識的なコメント」しかできません。

Posted by ymmr at June 23, 2004 06:34 AM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?