Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

May 22, 2004

迷走する“著作権”

迷走する“著作権”――そして“共有”…という名和小太郎氏の論考。
「ただし、著作権侵害を蔓延させるためにWinnyを開発したという言い方は法治国家の市民としてはよろしくない。方法が拙劣であった。そんなことは何も言わないで、Winnyは著作権法に対する批判を表現したプログラム著作物であり、著作物であれば当然のこととして言論であり、そのような言論を抑圧するのは表現の自由に反すると主張すればよかった」

…確かにその通りです。
ただ、金子氏が「著作権侵害を蔓延させるためにWinnyを開発した」…などと供述しているとは思えませんが…

Posted by ymmr at May 22, 2004 12:37 PM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?