Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

March 26, 2004

国に初の賠償命令 強制連行で8800万円

国は、国家賠償法施行前は国の行為について個人は賠償請求できないとする「国家無答責」を主張したが、判決は「適用することは正義・公平の観点から著しく相当性を欠く」と退けた…というニュース

「正義・公平の観点」…というのは青臭いですが、よい言葉です。
法律の世界を目指す人は、皆「正義と公平」を座右の銘にして欲しいものです。

Posted by ymmr at March 26, 2004 04:46 PM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?