Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

March 16, 2004

和光大学、松本被告の三女の入学拒否

こちらのニュース
私は和光大学の措置を全面的に支持します。人権の問題はありません。犯罪者の子供に罪はない…と言う問題でもありません。
「アーチャリー」と呼ばれるこの女性が、今なおオウム信者であり、一部信者の支持を集め、大きな影響力を持つ教団の幹部候補であるからです。そして、教育の場である大学は、学生をカルト教団から保護する義務があります。「…ご寛恕(かんじょ)ください」などと、丁重に断わる必要もありません。
アレフは、いまもって麻原の教えを信仰しています、その意味でオウムの継続団体です。カルト教団の幹部は、社会から排除するべきです。オウムに限らずカルト教団は法律で取り締まるべきだし、信者は拘束してもよい…と考えています。

4月30日になって。「松本被告三女の文教大入学認める、東京地裁が仮処分」というニュースが報道されました。
「人権」ってなんでしょう。

Posted by ymmr at March 16, 2004 03:00 PM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?