Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

March 13, 2004

デジカメ欠陥訴訟

男性は昨年6月中旬、同社が同月に発売した「キャメディアC-750ウルトラズーム」を
付属のメモリーカードなどを含め計約10万円で購入。(中略)
帰国後翌日にパソコンにデータを再生したが、撮影した489枚の画像全ての上部に
青い線が水平に入っていた。
男性が原因調査と画像の修復を求めたところ、同社側は「電極配線部の絶縁膜破壊が原因」
などと回答し、一部の修復には応じる意向を示したが、全画像の修復は断ったという。
このため男性は、販売店を通じて別のメーカーに画像修復費用の見積もりを依頼。
このメーカーは「データ処理に長時間かかるので、最低でも1枚1万円」とされ、
計489枚分の489万円が必要とされた。

…これはどうやら「レタッチ費用の請求」ということですね。
この件、無条件でオリンパスに非があります。
男性の訴えは妥当です。
私は、オリンパスには画像を修正する義務がある…と思います。
で、どんな「青い線」なのかわかりませんが、
レタッチ費用を1枚1万円と見積もった会社は高過ぎないかと。
一度画像を見てみたいものです。

Posted by ymmr at March 13, 2004 01:30 PM | TrackBack
Comments

レタッチ費用は高いですよ。こういう世界はピンキリですから、安いとことはいくらでもあるでしょうが、画質もそれなりです。きちんとしたレタッチを求めるのならば、信頼のおけるプロ(広告写真とかを担当)に頼まなければならず、そうなるともっと全然高いです。一点1万円はかなり安い。

Posted by: カイト at May 30, 2006 12:05 PM

レタッチ費用は高いですよ。こういう世界はピンキリですから、安いとことはいくらでもあるでしょうが、画質もそれなりです。きちんとしたレタッチを求めるのならば、信頼のおけるプロ(広告写真とかを担当)に頼まなければならず、そうなるともっと全然高いです。一点1万円はかなり安い。

Posted by: カイト at May 30, 2006 12:05 PM
Post a comment









Remember personal info?