Recent Entries
Archives
Search


Links
Powered by
Movable Type 2.661

March 10, 2004

留学生選手1人に制限

関東学生陸連は、2005年度の82回大会から
箱根駅伝の外国人留学生選手の出場を各チーム1人に制限すると発表した…。
やっぱり、「身体能力の高い外国人を走らせるのは卑怯」…みたいに考える人、多いんでしょうね。「日本人による日本人のための大会」が理想…と思う人、多いんでしょうね。でも、大学こそ多国籍化すべき場所です。
多様な国籍・民族が混在していない大学なんて魅力もないし、世界的に見てもむしろ異常。学生の大会だからこそ、多様な国籍・民族の選手が走るべきです。
それに、「勝つために有力な選手を補強する」ことがダメなら、国体も甲子園もみんな無意味。ともかくくだらない規制だし、「大学」の位置付けや存在についても考え直した方がよいと思います。

Posted by ymmr at March 10, 2004 06:16 PM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?